EAI/ESB インフォテリア

パナホーム、全部門のデータを統合--情報基盤を刷新

パナホームは、営業、設計からリフォームまで全部門のデータを一元化する統合データベース環境を構築、1つのデータベースに全工程のデータを集約した上で、データ連携製品を通じて各工程向けの情報を加工・抽出できるようにした。

 パナホームは、営業、設計からリフォームまで全部門のデータを一元化する統合データベース環境を構築し、情報基盤を刷新した。1つのデータベースに全工程のデータを集約した上で、データ連携製品を通じて各工程向けの情報を加工・抽出できるようにした。製品を提供したインフォテリアが1月18日、発表した。

 パナホームでは経営計画の中で、新たな分野への事業拡大を図っており、その一環として、複数のシステムに分散していた情報資産を一元管理する業務のためのシステム環境を刷新した。

 これまでのシステムは、営業、設計、建設、アフターサービスなどの工程ごとに構築され、それぞれが独立したデータベースを持っているために顧客の建物情報などが分散して管理されていた。そのため部門を横断した情報が連携できず、リフォーム提案などにつながるような営業がつかんだ顧客の要望をシステム上でタイムリーに共有できないといった課題があったという。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan