モバイル ソフトウェア

Archives:アップルのクックCEOが語ったIBM電撃提携の理由

iPhoneやiPadの成功を礎に、Appleがさらに収益性を高めるために、最も分かりやすい方法の1つが、企業向け、特にエンタープライズ分野での存在感を高めることと考えられる。それを示すように、2015年、IBMとの歴史的とも言える提携を発表した。Tim Cook氏がAppleのビジネスをどのように示していくのか考えると、IBMとの組み合わせは象徴的な意味合いも持つ。Tim Cook氏の狙いを記した、2015年2月19日の記事を振り返ってみる。(アーカイブ特集「アップルの光と陰」

 Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は先週、Goldman Sachsのカンファレンスで、AppleがIBMと提携したのは、自分がエンタープライズ分野におけるAppleの限界を悟ったからだ、と打ち明けた。

 2014年に発表された「前例のない」AppleとIBMの提携からもたらされた成果はまだそれほど多くない(これまでのところ、両社は特定の垂直業界向けのエンタープライズアプリを10本発表しただけだ)。しかし、両社の提携がこれから生み出すさまざまな成果については、多くのことが語られてきた。


 特別なものを作るのには時間がかかる。筆者は両社については、疑わしい点も好意的に解釈しようと思っている。AppleのCEOのTim Cook氏がそもそも提携を実行した理由も説明しているのだから、なおさらだ。

 先頃、サンフランシスコで開催されたGoldman SachsのTechnology and Internet Conferenceで講演を行ったCook氏は、AppleとIBMがどうすれば互いに助け合えるのかを詳細に説明した(iMoreの厚意により、筆記録の抜粋を掲載)。

残り本文:約974文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan