モバイル ソフトウェア

Archives:アップルのクックCEOが語ったIBM電撃提携の理由

Tim Cook氏がAppleのビジネスをどのように示していくのか考えると、IBMとの組み合わせはある意味象徴的な意味合いも持つ。Tim Cook氏の狙いを記した、2015年2月19日の記事を振り返ってみる。

iPhoneやiPadの成功を礎に、Appleがさらに収益性を高めるために、最も分かりやすい方法の1つが、企業向け、特にエンタープライズ分野での存在感を高めることと考えられる。それを示すように、2015年、IBMとの歴史的とも言える提携を発表した。Tim Cook氏がAppleのビジネスをどのように示していくのか考えると、IBMとの組み合わせは象徴的な意味合いも持つ。Tim Cook氏の狙いを記した、2015年2月19日の記事を振り返ってみる。(アーカイブ特集「アップルの光と陰」

 Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は先週、Goldman Sachsのカンファレンスで、AppleがIBMと提携したのは、自分がエンタープライズ分野におけるAppleの限界を悟ったからだ、と打ち明けた。

 2014年に発表された「前例のない」AppleとIBMの提携からもたらされた成果はまだそれほど多くない(これまでのところ、両社は特定の垂直業界向けのエンタープライズアプリを10本発表しただけだ)。しかし、両社の提携がこれから生み出すさまざまな成果については、多くのことが語られてきた。


 特別なものを作るのには時間がかかる。筆者は両社については、疑わしい点も好意的に解釈しようと思っている。AppleのCEOのTim Cook氏がそもそも提携を実行した理由も説明しているのだから、なおさらだ。

 先頃、サンフランシスコで開催されたGoldman SachsのTechnology and Internet Conferenceで講演を行ったCook氏は、AppleとIBMがどうすれば互いに助け合えるのかを詳細に説明した(iMoreの厚意により、筆記録の抜粋を掲載)。

残り本文:約974文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]