経費精算・旅費精算

らくらく旅費経費.net:地図と連携した経路チェックができる経費精算システム

経費精算システムの「らくらく旅費経費.net」は、乗り換え案内ソフトと連携して経路選択の入力作業を削減するほか、交通系電子マネーカードの読み込みや地図情報との連携機能なども備える。

 無限の「らくらく旅費経費.net」は、交通費精算の申請、承認を支援するパッケージシステムである。

 交通費精算の申請時に出発地と目的地を入力する際、乗り換え案内ソフト「駅すぱあと」と連携することによって、入力途中で候補を表示、選択できる。探索された経路を「管理者による最安、最短からの範囲制限(金額、時間など)」によって許諾可能な経路だけを絞りこむことも可能だ。

 同社の「らくらく定期.net」と連携することで、申請者が経路を選択した際、本人の支給済み定期券情報に照会。定期券との重複区間が自動控除された経費を算出する機能も備える。社員が自ら定期券区間を登録する方法と異なり、人事部管理の定期券情報をもとに控除されるので正確な控除が可能になる。

 交通系電子マネーカード(Suica、PASMO、ICOCAなど)から利用情報を読み込む機能も搭載。交通費の申請時に、電子マネーカードから「利用日付、乗降駅、運賃」を読み込んで、申請時の明細作成を支援する。物品購入の明細を除外したり、重複の読み込みを制御したりする機能も備える。私用で利用した経路を削除することも可能だ。

 地図情報と連携して、距離や路線が適正であるか否かを判定する機能もある。具体的には、従業員の自宅住所から最寄り駅までを検索し、直線または道なり距離を判定する。これによって「バス利用可能かどうかのチェック」や「最寄り駅としての別路線の利用可能駅がないか」などを確認できる。

 CSV形式でデータをインポート、エクスポートする機能を備えているので、「人事システムからの社員情報や所属情報のデータ取り込み」や、給与システムへの当月支給額が可能になる。

 システムの導入形態は、(1)通勤費管理担当者1台の端末で利用する「スタンドアロン版」、(2)サーバを設置し、複数の担当者で一元管理できる「ネットワーク版」、(3)ネットワーク版に加え、通勤経路変更申請をらくらく定期の申請画面で行え、ワークフローによる承認ができる「イントラネット版」の3種類がある。

らくらく旅費経費.netの概要
用途と機能交通費の精算処理を支援するシステム
特徴駅すぱあとと連携して経路選択の入力作業を削減する。交通系電子マネーカードの読み込み、地図情報との連携機能なども備える

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]