プライベートクラウド

OpenStackでのクラウド基盤構築は2017年ごろから本格化--IDC調査

IDC Japanは、2014年における国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場規模実績と2019年までの市場規模予測を発表した。

 IDC Japanは1月18日、2014年における国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場規模実績と2019年までの市場規模予測を発表した。それによると、本市場の2014年~2019年の年間平均成長率は31.8%、2019年には2014年の約4倍となる572億円に達すると予測している。

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場 売上額予測:2014年~2019年
国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場 売上額予測:2014年~2019年(IDC提供)

 IDCでは、クラウド環境(パブリッククラウド、プライベートクラウド両方とも対象)を構築・管理するために必要なソフトウェアをクラウドインフラストラクチャソフトウェアと定義、本市場を主に仮想化ソフトウェアとシステム管理ソフトウェアで構成される市場としている。

 2014年の国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場は前年比38.4%増の143億7300万円で、2015年には前年比36.5%増の196億1500万円になると予測。

 2015年ではプライベートクラウド向けの売り上げが67.4%を占めるとみている。大手企業グループやデータセンターサービス事業者において、既に構築されている仮想化基盤をプライベートクラウド基盤に発展させていくケースが増加しており、仮想マシンのプロビジョニングツールや運用プロセスを最適化するためのオーケストレーションツールの導入が増えているという。

 2014年のベンダー別シェアをみると、ヴイエムウェアが35%以上のシェアを獲得し、リーダーのポジションを確固たるものとしている。続くのはIBM、マイクロソフト、富士通、NECだが、いずれもシェア10%未満にとどまっている。なお、トップ5の中では、マイクロソフトが60%以上の最も高い前年比成長率を達成した。

 2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は31.8%となり、2019年には2014年の約4倍の規模となる572億円に達するとIDCでは予測している。

 プライベートクラウド向け市場は引き続き拡大し、またパブリッククラウド向けでは短期的にはIaaS上に構築されたシステムに対する監視や管理、中期的にはハイブリッドクラウドの実現のためにクラウドインフラストラクチャソフトウェアが実装されていくとみられる。

 さらに、プライベートとパブリックの両方において、OpenStackを採用したクラウド基盤の構築が2017年ごろから本格化し、OpenStackディストリビューションや機能拡張を図るためのソフトウェアの売上も市場成長に寄与するとIDCではみている。

 同社ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの入谷光浩氏は、以下のようにコメントしている。

 「形態が多様化し、今後ますます複雑化していくクラウド環境に対して、いかにそれらを一元的に運用管理できるソリューションを提供できるかがクラウドビジネスにおいて重要となる。ベンダーはOpenStackのようなオープンソースソフトウェアを含めたクラウドインフラストラクチャソフトウェアを活用し、複数のクラウドを連携させるハイブリッドクラウドソリューションを積極的に展開していく必要がある」

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan