PBX

V-SQUARE:基本的なオフィス電話やビデオ通話も利用できるIP-PBXサービス

IP-PBXの機能をクラウドで提供する「V-SQUARE」は代表番号グループ着信などのオフィスで必要な電話の基本機能を利用できる。スマートフォンを内線電話として使えるほか、ビデオ通話やUCなども利用できる。

 メディアマートの「V-SQUARE」は、IPベースの構内交換機(PBX)の機能をクラウドで提供するサービス。ユーザー企業はPBXを購入する必要がないので、初期導入と保守管理のコストを削減できるほか、内線電話数の増減や組織変更などに柔軟に対応できるようになる。

 同サービスでは、代表番号グループ着信や保留転送、代理応答といったオフィスで必要な電話の基本機能を提供。スマートフォンを内線電話として使えるほか、ビデオ通話、ユニファイドコミュニケーション(UC)、コールセンター業務で必要とされる機能なども用意する。SIP(Session Initiation Protocol)仕様対応のIP電話機に対応し、Polycomの会議システムと連携してビデオ通話機能を拡張できる。

V-SQUAREでのスマートフォン内線電話の画面
V-SQUAREでのスマートフォン内線電話の画面(メディアマート提供)

 スマートフォンはiOSとAndroidのマルチデバイスとマルチキャリアに対応。代表番号発信、グループ着信、保留転送など固定電話と同等の機能を使えるほか、ビデオ通話もできる。

 標準で提供するUC機能は、スマートフォン、タブレット、PCのソフトフォン、ビデオモニタ付電話機、電話会議専用機などをサポート。在席確認、電話会議、自動転送、ボイスメールやビデオメールなどで社内コミュニケーションを効率的に展開できる。

 コールセンター向けには、自動音声応答装置(IVR)、自動着信呼分配装置(ACD)、通話録音、APIを介したシステム連携などの機能を用意。管理者用機能として、オペレーターの会話のリアルタイムモニタリングと割り込み、サービスレベルレポート作成などを提供する。

V-SQUAREの概要
用途と機能IP-PBXの機能をクラウドで提供
特徴代表番号グループ着信、保留転送、代理応答といったオフィスで必要な電話の基本機能を提供。スマートフォンを内線電話として使えるほか、ビデオ通話、UC、コールセンターで必要とされる機能なども用意する。
税別価格個別見積もり
発表日2011年4月1日

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 施行まで1年を切ったGDPR--対応のポイントと企業が行うべき準備

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan