タブレット 富士通

ARROWS Tab:富士通の法人向けWindows 10搭載タブレット--防塵、耐薬品機能で病院などにも

富士通が1月18日に2シリーズ2機種を発表した、法人向けWindowsタブレット。1月から順次提供を開始する。

 ARROWS Tabは、富士通が1月18日に新たに2シリーズ2機種を発表した、法人向けWindowsタブレットシリーズ。新機種は3月から順次提供を開始する。新たに追加したのは事務作業に適したパフォーマンスと、薄型、軽量を特徴とする12.5型ワイド液晶タブレット「ARROWS Tab R726/M」。

 R726/Mは、事務作業に適したパフォーマンスとモビリティを備え、2通りの利用方法を前提にしている。


 12.5型ワイド液晶を搭載。マグネットで着脱可能なキーボード装着時も厚さ約14.7mm、重さは約1.25kgに抑えた。暗号化SSDや暗号鍵などを管理するセキュリティチップなど、セキュリティ機能も充実させた。

 オプションの拡張クレードルを用いることで、マルチモニタやLANの接続などができ、メインマシンとしても利用できるようにしている。LTE通信が可能な無線WANモデルも提供する。

 プリインストールOSは「Windows 10 Pro (64bit)」、その他適用OSはWindows 8.1 Pro (64bit)。CPUはインテル「Core i7-6600U プロセッサ」「インテル Core i5-6300U プロセッサ」「インテル Corei3-6100U プロセッサ」で、いずれもハイパースレッディングに対応している。動作周波数は2.60GHz。

 発売したもう1つのモデル「Q736/M」は、13.3型ワイド液晶で、防水、防塵であることが特徴。さまざまな機器を本体と一体化できる構造により、手のひら静脈センサやスマートカードを搭載でき、リモートデータ消去ソフトウェア「CLEARSURE 3G/LTE」と併せて利用することで、強固なセキュリティを実現できるとしている。

 防水(IPX5/7/8)、防塵(IP5X)、耐薬品機能も備えており、屋外での作業や病院内などの利用も想定している。

 ARROWS Tab R726/Mの価格は14万7300円から、Q736/Mは18万7300円からで、いずれも3月中旬の発売を予定している。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan