その他セキュリティ

三井不動産リアルティ、駐車場に高機能セキュリティシステムを導入

三井不動産リアルティは1月15日、1月以降に新たに開設する「三井のリパーク」駐車場に、高機能セキュリティシステムを導入すると発表した。

 三井不動産リアルティは1月15日、1月以降に新たに開設する「三井のリパーク」駐車場に、高機能セキュリティシステムを導入すると発表した。このシステムは、クリューシステムズが提供するクラウド型映像監視ソリューション「SeeIT」で、高画質な映像データ分析を低コストで行うことが可能な監視カメラ、および監視システムを特徴とする。

 同社では、1月15日に新設する「三井のリパーク」天満3丁目第3駐車場(大阪市)を皮切りに、既存の「三井のリパーク」駐車場についても、2月から順次、同システムを設置していく予定だ。

 このシステムはクリューシステムズが提供するクラウド型映像監視ソリューション「SeeIT」で、通信機能や録画機能などが内蔵された高機能なカメラと、独自のクラウド技術をパッケージしたもの。遠隔地の映像データ閲覧や映像データ分析ソフトを従来のシステムに比べ、極めて低コストで利用できるとする。鉄道踏切などの遠隔監視のほか、出資を受けている三井不動産の大規模施設などでも多数採用された実績がある。

 三井不動産とクリューシステムズは、カメラ本体がアナログ、デジタル双方の同時出力に対応している大規模施設向け「SeeIT」対応型監視カメラシステムを共同で開発しており、共同特許を申請している。

 この技術により既設の監視システムを使用したままクラウド環境に接続して管理することができる。従来は全ての映像データを専用回線で外部のセンターサーバに移動するため、分析ソフトはセンターサーバに蓄積された大量の映像データの中から分析する必要があった。「SeeIT」では、必要な映像データのみを抽出し外部のセンターサーバへ移動するため、抽出された映像データのみを分析できる。このため、通信データを大幅に減量し、通信コストを削減できる。

 

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan