PC モバイル

Archives:アップルが打った将来への布石--64ビットチップ導入の戦略的意味

Steve Jobs氏の製品づくりへのストイックなこだわりにより、iPod、iPhoneによる歴史的な「逆転劇」を演じ、まさに世界を変えたアップル。その分、批判を受けることもある。世間を席巻するプロダクトをつくるために、アップルが取り組んだこと、またその陰の部分について、ZDNet Japanの過去の注目記事をピックアップする。今回は、iPhone 5sに64ビットチップを導入したことの背景について、2013年9月25日の記事を紹介する。

 新型iPhoneの話――iPhone 5sに導入された64ビットプロセッサ(SoC)「A7」が、Android陣営に内在する構造的な問題である「OSフラグメンテーション」にダメ押しする楔(くさび)の役割を果たす「数年後に向けた布石」ではないかという話を記す。


 米国時間2013年9月23日に「新型iPhone 2機種の発売3日間の販売台数があわせて900万台超に達した」という発表がAppleからあった。昨年のiPhone 5の時が500万台超、その前のiPhone 4Sの時が400万台超だから、2機種同時投入や発売第一陣に中国市場が加わったことなどを加味しても、大幅な増加であることはほぼ間違いない。強気のAppleウォッチャーとして知られるアナリストのGene Munsterあたりから、「今回は500万~600万台くらいではないか」というかなり慎重な予想が出されていたので、この前年比1.8倍というのは良い意味で意外な数字かも知れない。

 一方20~21日あたりには、「iPhone 5sの、特にゴールドとシルバーのモデルが世界各地でさっそく売り切れ」といったニュースも、WSJやBloomberg、あるいはテクノロジ系のブログなどで流れていた。アーリーアダプターがしっかり上位機種、それも新しいものから買っていく、というのが今回も確認できたと言えようが、一方でボリュームゾーン目掛けて投入されたはずのiPhone 5cについては勢いがいまひとつ、というような話も出ている。Localysticsという調査会社からは「5sが3.4に対して、5cが1」という推定も出ている。

iPhone 5s Outsells 5c by a Factor of 3.4x in the United States Opening Weekend

 ただし9月20日からテレビでさっそく流れているiPhone 5cのコマーシャルを目にした家族(いずれも女子)が「カワイイ」「イエローで決まりかな?」と口々に言い合っていたりするのを目にすると、Apple Storeに行列するようなアーリーアダプターと、マジョリティとの反応の違いが数字に表れるのはいつごろか……などといった疑問も浮かんでいる。

 それはさておき。

 9月20日の全世界発売に先立って、米国時間18日には一部のテクノロジ系記者やブロガーらが書いたレビュー記事の第一陣が出揃った。これらの記事の一部に目を通して印象に残ったのは、特に上位機種であるiPhone 5sに対する評価の高さで、64ビットSoCのA7の採用や、指紋認証「Touch ID」の感度の良さなどをほめる声が目立った。今年は「Sアップデート」(マイナーアップデート。本体の外側は変えずに、中味だけをグレードアップする)の年でもあり、昨年のiPhone 5の時の「LTE対応」といった大きな目玉は不在、そのため10日の発表を目にして正直あまり期待していなかった――「変化があったとしても漸進的(incremental、もしくはevolutionary)なもので、使い手にとって大きな違いをもたらすような質的変化(revolutionaryなもの)はないだろう」くらいにしか思っていなかったが、いくつかのレビュー記事の説明を読んで、そんな考えを改めた次第。

残り本文:約6560文字 ログインして続きを読んでください。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan