クラウド SaaS ネットワーク NTTコミュニケーションズ NTTコムウェア

マイナンバー管理サービスとVPN接続--NTTグループ2社が提供

NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアは1月14日、マイナンバー管理のクラウドサービスと顧客企業を仮想私設網(VPN)で接続するサービス「マイナンバー管理ソリューションサービス over VPN」を提供開始する。

 NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアは1月14日、マイナンバー管理のクラウドサービスと顧客企業を仮想私設網(VPN)で接続するサービス「マイナンバー管理ソリューションサービス over VPN」を提供開始すると発表した。初期費用は1社あたり5万円、月額料金は従業員100人までのプランで1万円(いずれも税別)から。

 NTTコムウェアのクラウドサービス「マイナンバー管理ソリューション」と顧客企業をNTT ComのVPNサービス「Arcstar Universal One」で接続する。マイナンバーや関連帳票などのデータを安全にアップロードしたり、ダウンロードしたりできる。

マイナンバー管理ソリューションサービス over VPNのサービス図
マイナンバー管理ソリューションサービス over VPNのサービス図

 従業員のマイナンバーの登録や保管、法令などで定められた保存期間を過ぎたデータの自動廃棄が可能なほか、既に運用している人事給与システムから出力したCSVデータをアップロードするだけで、クラウド上に保管されているマイナンバーと突合し、マイナンバー対応帳票(CSV、PDF)を自動生成できる。

 クラウドサービスとして提供するため、従業員の増減や制度適用範囲の変更があった場合に、ユーザー企業側でのシステム改修などは不要である。利用にあたってはArcstar Universal Oneの契約が別途必要になる。Arcstar Universal Oneの導入企業はサービス料金のみで利用可能。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]