クラウド SaaS ネットワーク NTTコミュニケーションズ NTTコムウェア

マイナンバー管理サービスとVPN接続--NTTグループ2社が提供

NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアは1月14日、マイナンバー管理のクラウドサービスと顧客企業を仮想私設網(VPN)で接続するサービス「マイナンバー管理ソリューションサービス over VPN」を提供開始する。

 NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアは1月14日、マイナンバー管理のクラウドサービスと顧客企業を仮想私設網(VPN)で接続するサービス「マイナンバー管理ソリューションサービス over VPN」を提供開始すると発表した。初期費用は1社あたり5万円、月額料金は従業員100人までのプランで1万円(いずれも税別)から。

 NTTコムウェアのクラウドサービス「マイナンバー管理ソリューション」と顧客企業をNTT ComのVPNサービス「Arcstar Universal One」で接続する。マイナンバーや関連帳票などのデータを安全にアップロードしたり、ダウンロードしたりできる。

マイナンバー管理ソリューションサービス over VPNのサービス図
マイナンバー管理ソリューションサービス over VPNのサービス図

 従業員のマイナンバーの登録や保管、法令などで定められた保存期間を過ぎたデータの自動廃棄が可能なほか、既に運用している人事給与システムから出力したCSVデータをアップロードするだけで、クラウド上に保管されているマイナンバーと突合し、マイナンバー対応帳票(CSV、PDF)を自動生成できる。

 クラウドサービスとして提供するため、従業員の増減や制度適用範囲の変更があった場合に、ユーザー企業側でのシステム改修などは不要である。利用にあたってはArcstar Universal Oneの契約が別途必要になる。Arcstar Universal Oneの導入企業はサービス料金のみで利用可能。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan