クラウド SaaS パブリッククラウド リコージャパン

リコー、人手に頼った法務業務をクラウドで効率化--契約情報も一元管理

リコージャパンは、法務業務を支援するクラウド「RICOH Contract Workflow Service」を新発売する。法務業務の効率化や契約情報の一元管理を可能にする。

 リコージャパンは1月14日、法務相談や審査結果の履歴を共有し、部門ごとに分散している契約情報を一元管理する法務クラウド「RICOH Contract Workflow Service」を15日に発売すると発表した。企業における法務業務の効率化を支援する。

 改正会社法の対応やコンプライアンス重視の観点から、企業における法務部門の責任、役割は大きくなっている。だがその一方で、業務の大半を占める相談業務はいまだに電話やメールによる個人間のやりとりが一般的であり、その対策は人員増強に頼っている状況である。

 RICOH Contract Workflow Serviceは、同社が社内で活用している法務相談と契約情報管理の業務支援ツールをクラウド化したもの。法務部門で事前に相談の要否判定条件を設定することで相談者に相談の要否や適切な契約ひな型を示したり、法務担当者と相談者の間で相談履歴を記録することでノウハウの蓄積とナレッジの共有が可能になったりする。

 また、契約書締結後の管理業務では、相談時の情報を契約先や契約期間などの情報と関連づけることで、契約更新時に契約経緯の情報を活用したり、契約担当者に満了時の事前通知を出したりすることができる。

RICOH Contract Workflow Serviceの概要図 RICOH Contract Workflow Serviceの概要図(リコージャパン提供)
※クリックすると拡大画像が見られます

 対応ブラウザは、Internet Explorer10/11、Firefox、Google Chrome、Safari。税別価格は月額8万円からとなっている。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan