ウェブ会議 ブイキューブ

ベネッセ、オンラインレッスンのインフラ刷新--ウェブ会議にV-CUBEを採用

ベネッセコーポレーションは、通信教育事業で取り組んでいるオンラインレッスンに向け、教育コースの全ラインアップで汎用的に利用可能な映像コミュニケーションインフラを導入した。

 ベネッセコーポレーションは、通信教育事業で取り組んでいるオンラインレッスンに向け、教育コースの全ラインアップで汎用的に利用可能な映像コミュニケーションインフラを導入した。サービスを提供したブイキューブが1月13日に発表した。

 ベネッセでは、学習スタイルの多様化に対応していくため、0~18歳までを対象とした通信教育事業において、これまでの自習型教育に加えて講師と生徒を結んだオンラインレッスンの提供に取り組んできた。

 これまで同社では、一部の教育コースでオンラインレッスンを実現する仕組みを導入してきたが、それらの仕組みでは拡張性に課題があったほか、機能面での課題を抱えていたという。

 そこで今回、オンラインレッスンの提供拡大を見据えて、開発効率と生徒の利便性の両面を向上し、教育コースの全ラインナップで汎用的に利用できる、統一されたオンライン教育システム基盤の構築を検討した。

 その要素の一つ、オンラインレッスンを支えるビジュアルコミュニケーション分野では、教育事業で必要とされる機能に柔軟に対応できるサービスが求められたため、ブイキューブのサービスウェブ会議システム「V-CUBE」を採用することとなった。

 ベネッセがV-CUBEについて評価したのはレッスンの自動録画への対応やレッスンが集中する時間帯に合わせたインフラ強化や、実績といった「教育事業での知見」、PCやタブレットに加え、独自開発の学習用タブレット端末「チャレンジパッド」でも、受講できるようにした「マルチデバイス対応」の機能という。

 現在、ベネッセコーポレーションの提供する小学生向けの「Challenge English」コースで、フィリピンの英会話講師と日本の子どもを接続した15分間のマンツーマンオンラインレッスンのインフラとしてV-CUBEが稼働しており、毎月1万人以上の子どもたちが受講していると説明している。

Challenge Englishコースでのオンラインレッスンのイメージ
Challenge Englishコースでのオンラインレッスンのイメージ (ブイキューブ提供)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan