開発 開発ツール インクリメント・ピー

インクリメントP、業務アプリ向け地図SDK--巡回ルート検索など物流で活用

地図SDKの「MapFan SDK for Windows」は、業務用アプリにオフライン地図機能を組み込める。大型車の道路規制を考慮したルートや複数地点を効率的に巡回するルートを検索できるなど、物流や配送システムへの利用が想定されている。

 インクリメントPは1月13日、Windowsフォーム向けの業務用地図ソフトウェア開発キット「MapFan SDK for Windows」を発売した。業務用アプリケーションにオフラインで動作する地図機能を組み込めるようになる。物流や配送システムへの利用が想定されている。

 具体的には、地図表示、住所検索、ルート検索機能をアプリケーションに組み込める。地図の見た目のカスタマイズ、面積と距離の計算、緯度経度と測地系の変換などの機能も備える。機能は全てオフラインで動作するため、高いセキュリティが求められる業務用システムなど、インターネットに接続できない環境においても活用できる。

 また、通常のルート検索に加え、大型車の通行に規制が敷かれている道路を回避したルートを探索する「大型車規制考慮ルート検索」と、設定した複数の立ち寄り地を効率的に回るルートを自動で計算する「巡回ルート検索」など、特殊なルート検索機能も備える。

大型車規制考慮ルート検索結果
大型車規制考慮ルート検索結果(インクリメントP提供)

 地図の更新データは月1回のペースで提供される。鮮度の高い地図情報を用いたアプリケーションを作成できる。地図データの利用には別途地図ライセンスを購入する必要がある。価格は個別見積もりとなっている。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]