開発 開発ツール インクリメント・ピー

インクリメントP、業務アプリ向け地図SDK--巡回ルート検索など物流で活用

地図SDKの「MapFan SDK for Windows」は、業務用アプリにオフライン地図機能を組み込める。大型車の道路規制を考慮したルートや複数地点を効率的に巡回するルートを検索できるなど、物流や配送システムへの利用が想定されている。

 インクリメントPは1月13日、Windowsフォーム向けの業務用地図ソフトウェア開発キット「MapFan SDK for Windows」を発売した。業務用アプリケーションにオフラインで動作する地図機能を組み込めるようになる。物流や配送システムへの利用が想定されている。

 具体的には、地図表示、住所検索、ルート検索機能をアプリケーションに組み込める。地図の見た目のカスタマイズ、面積と距離の計算、緯度経度と測地系の変換などの機能も備える。機能は全てオフラインで動作するため、高いセキュリティが求められる業務用システムなど、インターネットに接続できない環境においても活用できる。

 また、通常のルート検索に加え、大型車の通行に規制が敷かれている道路を回避したルートを探索する「大型車規制考慮ルート検索」と、設定した複数の立ち寄り地を効率的に回るルートを自動で計算する「巡回ルート検索」など、特殊なルート検索機能も備える。

大型車規制考慮ルート検索結果
大型車規制考慮ルート検索結果(インクリメントP提供)

 地図の更新データは月1回のペースで提供される。鮮度の高い地図情報を用いたアプリケーションを作成できる。地図データの利用には別途地図ライセンスを購入する必要がある。価格は個別見積もりとなっている。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]