運用管理 日立製作所

JP1:SaaS提供、パブリッククラウド連携も開始した運用管理ソフト

日立製作所の「JP1」は、2016年1月13日に新版となる「JP1 Version 11」をリリースした運用管理ソフトウェア。新版では、SaaS提供などを開始している。

 日立製作所の「JP1」は、2016年1月13日に新版となる「JP1 Version 11」をリリースした運用管理ソフトウェア。新版では、SaaS提供とその関連機能として、国内向けにIT資産管理と高速データ転送サービスを開始した。

 障害発生時の対応と復旧を効率化する新製品、パブリッククラウド上のジョブを管理し、オートスケール環境を実装する新機能を提供。アプリケーション開発においてREST APIにも対応している。

 このうち、システム障害発生時の原因究明分析を迅速化するための新製品は「JP1/Operations Analytics」。クラウドや仮想化の利用で複雑化する情報システムで、サーバやストレージ、ネットワークといったシステム全体の構成要素を自動収集する。業務システムとの相関関係の可視化、障害の発生箇所や原因の特定に必要な情報の抽出、原因分析や影響把握の迅速化を図ることで、運用を効率化できるようにする。

 管理者のスキルやノウハウに依存していた作業を自動化し、影響範囲の拡大や復旧作業の長期化を防止する。

JP1/Operations Analytics
JP1/Operations Analytics

AWS上のジョブも管理

 アクセス急増時などにサーバの処理能力を自動強化するオートスケール機能の重要性が指摘されている。急増時のみパブリッククラウドにトラフィックを流すといった利用形態が増えており、それに対応する形で、Amazon Web Services(AWS)上のジョブも管理できる仕組みを「JP1/Automatic Job Management System 3」に実装した。


オートスケール機能を強化し、AWS上のジョブも管理できるようになった

 また、REST APIにも対応。ウェブを基盤に、散在する複数のアプリケーションをつなげて1つのアプリケーションを迅速に構築する、今後増加が見込まれる手法も採用できるようにした。

JP1の概要
用途と機能SaaS提供、パブリッククラウド連携も開始した運用管理ソフト
特徴システム運用管理ソフトウェアとして大企業を中心に多くの企業が導入。SaaS提供、パブリッククラウド上のジョブ管理機能の追加など、製品アップデートを重ねている
導入企業伊藤忠テクノソリューションズ、日本通運、住友林業

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan