BI ウイングアーク1st

DSP五協フード&ケミカル、「Dr.Sum EA」を導入--300種類の類似レポートを10分の1に

DSP五協フード&ケミカルは、BI製品「Dr.Sum EA」を導入した。300種類以上あったレポートの数を10分の1に集約し、社員が自らの手で情報活用できる環境を構築した。

 食品、化成品メーカーのDSP五協フード&ケミカルは、ビジネスインテリジェンス(BI)製品「Dr.Sum EA」を導入し、300種類以上あったレポートの数を10分の1に集約、個々の社員が自分に必要なデータを自由に閲覧できる分析環境を構築した。ウイングアーク1stが1月12日に発表した。

 DSP五協フード&ケミカルは、約120年の歴史を持つ大日本住友製薬のフード&スペシャリティ・プロダクツ部門と、商社として約70年の実績を持つ五協産業が事業統合して2010年に発足。食品の食感や品質をコントロールする多糖類をはじめ、食品素材や化粧品原料、衣料品原料、電子薬剤、コーティング材料、工業薬品などの事業分野にまたがり、取扱商品は1万品目以上に拡大している。取引先は国内外で数千社以上に広がっているという。

残り本文:約811文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan