人材管理

MBO Cloud:目標管理と人事考課を可視化する人材管理SaaS

目標管理と人事考課の機能を提供するSaaS「MBO Cloud」は、目標までの道のりを可視化することで継続的かつ効果的に管理できる。自社が現在運用している目標管理制度にあわせて柔軟にカスタマイズ可能。

 サイダスの「MBO Cloud」は、目標管理と人事考課の機能を提供するSaaSである。目標までの道のりを可視化することで継続的かつ効果的に管理できる。従業員の目標を成果に結びつけると同時に、人事部門における適正で効率的な評価を可能にする。クラウド環境は「Amazon Web Services(AWS)」を利用する。

 目標管理アプリケーションは、自社が現在運用している目標管理制度にあわせて柔軟にカスタマイズ可能。目標管理の制度が変わっても、設定を変更するだけでそのまま継続して利用できる。

 目標管理、360度評価、コンピテンシ評価などの各種評価制度に対応し、さまざまな承認フローをサポートする。例えば、評価者が複数になる360度評価では、各評価者の運用方法を「and評価」か「or評価」かで、ウェイトを設定できる。

 基本的な全体の評価ルートとは別に、目的に応じて個別に評価ルートを設定したり、被評価者自身が評価ルートを確認、修正したりできる。社員の異動があった場合には、承認者の引き継ぎなどに対応できる仕組みになっている。

 クラウド型の人材管理サービス「Performance Cloud」と連携させることで、多角的な人材分析を可能にする。仕事の成果の関係性や、社員の成長の進捗を把握して、適材適所の人事施策を図れるようになる。

MBO Cloudの画面
MBO Cloudの画面(サイダス提供)
MBO Cloudの概要
用途と機能目標管理と人事考課の機能を提供するSaaS
特徴従業員の目標を成果に結びつけると同時に、人事部門における適正で効率的な評価を可能にする。目標管理アプリケーションは、自社が現在運用している目標管理制度にあわせて柔軟にカスタマイズ可能
税別価格従業員数50人以下が月額4万5000円、51~100人が月額5万円、101~200人が月額7万円、など。初期導入費用として従業員数×5000円が必要
導入企業ロクシタンジャポン、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan