ウェアラブル グーグル Google

医療の現場や教育で活用され始めた「Google Glass」--外科医目線の公開手術も

医療の現場や教育で活用され始めた「Google Glass」--外科医目線の公開手術も

 Googleが2015年初めに「Google Glass」の消費者向け提供をあきらめてから、ネットワーク対応眼鏡型ウェアラブルデバイスの企業向けバージョンが遠からずリリースされるだろう、とのうわさが絶えない。

 例えば、Google Glassのウェブページには、「旅は終わっていない」というメッセージとともに、企業向けソリューションプログラム「Google for Work」へのリンクが掲載されている。リンク先でGlass at Workパートナとして挙げられた10組織のうち、5つは医療関連だ。医療関係者の一部にとって、Google Glassの旅はまだまだ終わっていない。


先ごろGoogle Glassを使い始めたワルシャワ心臓疾患研究所の外科医。
画像:ワルシャワ心臓疾患研究所

残り本文:約3004文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan