会計ソフト 日本デジタル研究所

JDL IBEX Enterprise会計:会計事務所とデータ連携できる会計システム

企業会計システムの「JDL IBEX Enterprise会計」は、年次や中間、四半期、月次の各決算とともに部門管理や予算管理なども活用できる。ネットを通じて会計事務所とデータを受け渡しすることもできる。

 日本デジタル研究所(JDL)の「JDL IBEX Enterprise会計」は、データベース「Microsoft SQL Server」対応の企業会計システムである。年次、中間、四半期、月次の各決算への対応をはじめ、部門管理、予算管理、資産管理、減価償却計算、キャッシュフロー計算、法人税や消費税の申告処理(オプション)に利用できる。

 作成したデータは、Excelなどのソフトウェアと直接連携できるので、会計データの数値をもとにした資料や帳表を容易に作成できる。また、作成した財務帳表は、紙への出力に加えて、すべてPDFファイルに電子化できるため、企業のペーパーレス化を推進できる。

 SQL Serverに対応しており、企業の業務システムとスムーズにデータを受け渡しできる。さらに、各支社、事業所のクライアントPCから、ネットワークを通じて本社のサーバにアクセスして経理処理を進めることで、全社の財務状況をリアルタイムに把握できる。

 インターネットを通じて会計事務所とデータの受け渡しが可能なため、監査や申告書の作成を顧問会計事務所に依頼している場合は、会計事務所と連携して処理できる。会計事務所は、企業が送信したデータを利用して監査、申告書を作成でき、処理を効率よく進められる。

 製品ラインアップはソフトウェア版のほか、同社独自のハードウェアと組み合わせたシステム版がある。ソフトウェア版は、SQL Server 2012 R2 Express Editionを含む。システム版には、「Windows Server 2012 R2」搭載サーバを使用する大規模LANシステム版と中規模LANシステム版、Windows 10 Pro搭載PCを使うスタンドアロン版がある。

 大規模LANシステム版と中規模LANシステム版では、複数のクライアントコンピュータからの同時入力と同時実行処理に対応する。同じ月の伝票を複数の担当者で入力するほか、ある担当者が前月の月次資料を作成中に、別の担当者が当月のデータを入力、また別の担当者が中間決算資料を作成するといった処理を同時に実行できる。

JDL IBEX Enterprise会計のデータ連携のイメージ
JDL IBEX Enterprise会計のデータ連携のイメージ(JDL提供)
JDL IBEX Enterprise会計の概要
用途と機能SQL Server対応の企業会計システム
特徴年次、中間、四半期、月次の各決算への対応をはじめ、部門管理、予算管理、資産管理、減価償却計算、キャッシュフロー計算、法人税や消費税の申告処理(オプション)に利用できる

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]