ERP ニッセイコム

GrowOne Cube:業務データを総合データベースで管理する中堅中小企業向けERP

中堅中小企業向けのERPパッケージ「GrowOne Cube」は、会計や給与計算、手形管理、販売管理、固定資産管理などのソフトウェアで構成。業務上のさまざまなデータを単一の総合データベースで管理する。

 ニッセイコムの「GrowOne Cube」は、中堅中小企業向けの統合基幹業務システム(ERP)パッケージである。業務上のさまざまなデータを単一の総合データベースで管理する。

 GrowOne Cubeを構成するソフトウェアは、会計「GrowOne Cube 会計」、給与計算「GrowOne Cube 給与」、給与明細照会「GrowOne Cube モバイル給与」、人事管理「GrowOne Cube 人事」、手形管理「GrowOne Cube 手形」、販売管理「GrowOne Cube 販売」、固定資産管理「GrowOne Cube 固定資産」、社内申請、承認「GrowOne Cube ワークフロー」である。必要なソフトウェアを組み合わせて導入することが可能だ。オンプレミス向けのパッケージに加えて、SaaSの「GrowOne Cube クラウドサービス」も提供する。

 ERPの中核となる会計システムは、定期的に発生する仕訳を一括して起票する機能や、外部ファイルを取り込んで起票する機能など、会計業務で作業負担が大きい仕訳伝票の起票処理を支援することができる。複数種類の予算管理、非会計データの活用、細かな配賦基準による費用配布など、会社情報を分析、評価する機能も備えている。

 販売に関する業務プロセスは企業によって異なるが、GrowOne Cubeの販売管理システムは流通業や製造業、リース、倉庫業など数多くの業界業種での導入実績を持っており、各業種単位で業務プロセスを定型化している。同社はシステムエンジニアの専任制を採用しており、顧客企業ごとにシステム構築を担当したエンジニアが運用までをサポートする体制を敷いている。

GrowOne Cubeの概要
用途と機能中堅中小企業向けのERPパッケージ
特徴会計、給与計算、給与明細照会、人事管理、手形管理、販売管理、固定資産管理、社内申請・承認のソフトウェアで構成。パッケージのほかにSaaSも提供する
導入企業高木工業、ドンク、アイビー化粧品

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan