BI SAS Institute Japan

JR東日本、データ分析の専任組織を新設しSAS導入

JR東日本は、総合企画本部システム企画部内に設けた新組織「アナリシス・セキュリティセンター」向けの分析システムとしてSASを採用した。

 JR東日本は、総合企画本部システム企画部内に新組織「アナリシス・セキュリティセンター(ASC)」を設置し、この組織で使う分析システムにSASを採用した。システムを提供したSAS Institute Japanが1月7日、発表した。

 ASC所長の西村佳久氏は、以下のようにコメントしている。

 「ASCではデータ分析によって業務革新を推進しようとしています。SASの分析システムは豊富な分析方法を有しているため、新組織ASCの分析システムとして採用しました」

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan