スイッチ アラクサラネットワークス

AX8300S:仮想化技術でネットワークを論理分割できるシャーシ型L3スイッチ

シャーシ型レイヤ3スイッチの「AX8300S」は、モバイルやIoT環境での使用を想定し、端末数に比例してリソースを増やせるようになっている。ネットワーク仮想化技術により、ネットワークを論理的に分割できる。

 アラクサラネットワークスの「AX8300S」シリーズはハイエンドのシャーシ型レイヤ3スイッチだ。最大スイッチング容量は800Gbpsで、筺体サイズは8U。多くの端末を接続するモバイルやモノのインターネット(IoT)環境での使用を想定し、端末数に比例してリソースを増やせるようになっている。

 単一の装置内で独立した複数のルーティングテーブルを管理するVRF(Virtual Routing and Forwarding)機能や仮想LAN(VLAN)機能といったネットワーク仮想化技術により、ネットワークを論理的に分割できる。信頼性の高いセキュアな仮想ネットワークを、低コストで構築可能だという。

「AX8300S」シリーズの外観
「AX8300S」シリーズの外観(アラクサラネットワークス提供)

 無停止型のフォールトトレラントアーキテクチャを採用し、1台に2台分の機能を装備しているため、障害発生時でも動作を継続できる。予備システムには最短50ミリ秒で切り替えられる。

 運用管理を支援するスクリプト機能も特徴の1つだ。Pythonベースのスクリプト言語の実行環境を搭載しているため、オペレーションのカスタマイズや自動化が可能だ。日々の運用管理業務を効率化することができる。

AX8300Sの概要
用途と機能ハイエンドのレイヤ3シャーシ型スイッチ
特徴最大スイッチング容量は800Gbps、筺体サイズは8U。モバイルやIoT環境での使用を想定し、端末数に比例してリソースを増やせるようになっている。ネットワーク仮想化技術により、ネットワークを論理的に分割できる
税別価格478万円から

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan