フラッシュストレージ IDC Japan

大手ベンダーも参入--オールフラッシュアレイ、本格的な成長へ:IDC調査

2015年7~9月の国内エンタープライズストレージシステム売上額は前年同期比1.4%減の631億1900万円。メインフレーム向けが前年同期比1.3%増、オープンシステムやその他OS向けが同1.2%増となった。

 IDC Japanは1月5日、2015年第3四半期(7~9月)の国内エンタープライズストレージシステムの売上額実績を発表した。同期の国内エンタープライズストレージシステム売上額は前年同期比1.4%減の631億1900万円となった。

 IDCではエンタープライズストレージシステムとして外付型、サーバ内蔵型、ユーザー企業ごとにカスタマイズしたストレージを開発、製造するメーカー(ODM)が直接ユーザー企業に出荷する“ODMダイレクト”をカウントしているが、このうち外付型とODMダイレクトはプラス成長だったのに対し、内蔵型がマイナス成長となり、全体でも前年同期比でマイナス成長となった。

 2015年7~9月の国内エンタープライズストレージシステム売上額631億1900万円の内訳は、外付型が466億5800万円(構成比73.9%)、サーバ内蔵型が131億5900万円(同20.8%)、ODMダイレクトは33億200万円(同5.2%)。ODMダイレクトは、まだ規模は小さいながら、グローバルクラウドサービスプロバイダーの国内拠点のほか、国内クラウドサービスプロバイダーでも導入が進みつつあるという。

 外付型は前年同期比1.2%増で、セグメント別内訳をみるとメインフレーム向けが61億900万円(前年同期比1.3%増)、UNIXやWindows、Linuxなどのオープンシステムやその他OS向けが405億4900万円(同1.2%増)となった。2015年1~3月、4~6月で官公庁と金融で大型更新案件の影響で2期連続2桁成長だったメインフレーム向けは、7~9月も金融などの大型案件で堅調だった。

 オープンシステムなどは、サーバ仮想化やクライアント仮想化などの仮想化環境向けやクラウドインフラ向けで需要拡大が続いている。オープンシステムでは、新興ベンダーだけでなく大手ベンダーが相次いで参入したことで、フラッシュデバイスのみを搭載したオールフラッシュストレージが本格的な成長を始めている。

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場のクラス別売上額構成比、2015年第3四半期(IDC提供)
国内外付型エンタープライズストレージシステム市場のクラス別売上額構成比、2015年第3四半期(IDC提供)

 クラス別売上額をみると、システム価格3000万円以上のハイエンドが133億3700万円で前年同期比9.9%増、500万~3000万円未満のミッドレンジが162億300万円で同4.6%減、500万円未満のローエンドが171億1800万円で同0.9%増となった。ハイエンドの高成長には、メインフレーム向けの成長とともにオープンシステム向けでの更改案件が寄与した。

 2015年7~9月の国内外付型エンタープライズストレージシステム出荷額は443億7600万円で、サプライヤー別出荷額の上位5社は日立製作所(シェア19.1%)、EMC(15.1%)、富士通(13.2%)、NEC(9.8%)、IBM(9.3%)。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan