ロードバランサー セイコーソリューションズ

Netwiser:機能集約型の国産L4-7ロードバランサ--WAF搭載モデルも用意

L4-7ロードバランサの「Netwiser」は、SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション機能をサポートするほか、IPv6/IPv4デュアルスタックとIPv6/IPv4プロトコル変換機能に標準で対応する。

 セイコーソリューションズの「Netwiser」シリーズは、国産レイヤ4-7負荷分散(ロードバランサ)。ロードバランシングやセッション維持のほかに、SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション、サーバへの応答トラフィックを直接クライアントに返す「DSR(Direct Server Return)」機能などを搭載している。IPv4/IPv6デュアルスタックとIPv4/IPv6プロトコル変換機能に標準で対応する。

 製品ラインアップには、データセンターや小規模システム向けの「SX-3820」、小中規模システム向けの「SX-3840」と「SX-3845」、中規模以上のシステム向けのフラグシップモデル「SX-3850」がある。SX-3840とSX-3845、SX-3850は、ソフトウェアSSL以外に、オプションでSSLアクセラレーション処理用ハードウェア基板を搭載できる。

 日本語GUIを採用したブラウザベースの管理画面から各種設定を行える。SX-3820には通常の管理画面のほかに「かんたん設定」画面を用意。負荷分散の設定、変更を1つの画面で処理できる。

 SX-3840とSX-3820が搭載する「フェイルスルー機能」は、1台の運用でも障害発生時に特定サーバとの通信を確保。さらにスタンバイ機を置くことで、フェールオーバ機能による冗長構成を構築できる。

 システムスループット(レイヤ4)は、SX-3850が7Gbps、SX-3845とSX-3840が4Gbps、SX-3820が1Gbps。レイヤ7パフォーマンスを秒間のHTTPリクエスト数で見ると、順に20万、10万、1万となる。ポート数は、SX-3850とSX-3845が10基、SX-3840が6基、SX-3820が3基を装備する。

 上記のラインアップ以外に、ジェイピー・セキュアのウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)製品「SiteGuard Lite」を標準搭載するアプライアンス製品「Netwiser SX-3550」がある。SX-3550はシステムスループット(レイヤ4)が800Mbps、レイヤ7パフォーマンスが秒間2800HTTPトランザクションで、ポートを10基装備する。

SX-3820の外観と「かんたん設定」画面
SX-3820の外観と「かんたん設定」画面(セイコーソリューションズ提供)
Netwiserの概要
用途と機能機能集約型の国産レイヤ4-7ロードバランサ製品群
特徴SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション機能をサポート。IPv6/IPv4デュアルスタックとIPv6/IPv4プロトコル変換機能に標準で対応する。WAF搭載モデルもラインアップ
税別価格SX-3820:59万8000円、SX-3840とSX-3845:98万円(SSLボード付は128万円)、SX-3850:158万円(SSLボード付は188万円)、SX-3550:198万円
発表日SX-3820/3840/3845/3850:2014年6月4日、SX-3550:2013年4月15日
導入企業ほくでん情報テクノロジー、ほぼ日刊イトイ新聞、戸田建設、日本緊急通報サービス、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ロードバランサー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]