ロードバランサ セイコーソリューションズ

Netwiser:機能集約型の国産L4-7ロードバランサ--WAF搭載モデルも用意

L4-7ロードバランサの「Netwiser」は、SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション機能をサポートするほか、IPv6/IPv4デュアルスタックとIPv6/IPv4プロトコル変換機能に標準で対応する。

 セイコーソリューションズの「Netwiser」シリーズは、国産レイヤ4-7負荷分散(ロードバランサ)。ロードバランシングやセッション維持のほかに、SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション、サーバへの応答トラフィックを直接クライアントに返す「DSR(Direct Server Return)」機能などを搭載している。IPv4/IPv6デュアルスタックとIPv4/IPv6プロトコル変換機能に標準で対応する。

 製品ラインアップには、データセンターや小規模システム向けの「SX-3820」、小中規模システム向けの「SX-3840」と「SX-3845」、中規模以上のシステム向けのフラグシップモデル「SX-3850」がある。SX-3840とSX-3845、SX-3850は、ソフトウェアSSL以外に、オプションでSSLアクセラレーション処理用ハードウェア基板を搭載できる。

 日本語GUIを採用したブラウザベースの管理画面から各種設定を行える。SX-3820には通常の管理画面のほかに「かんたん設定」画面を用意。負荷分散の設定、変更を1つの画面で処理できる。

 SX-3840とSX-3820が搭載する「フェイルスルー機能」は、1台の運用でも障害発生時に特定サーバとの通信を確保。さらにスタンバイ機を置くことで、フェールオーバ機能による冗長構成を構築できる。

 システムスループット(レイヤ4)は、SX-3850が7Gbps、SX-3845とSX-3840が4Gbps、SX-3820が1Gbps。レイヤ7パフォーマンスを秒間のHTTPリクエスト数で見ると、順に20万、10万、1万となる。ポート数は、SX-3850とSX-3845が10基、SX-3840が6基、SX-3820が3基を装備する。

 上記のラインアップ以外に、ジェイピー・セキュアのウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)製品「SiteGuard Lite」を標準搭載するアプライアンス製品「Netwiser SX-3550」がある。SX-3550はシステムスループット(レイヤ4)が800Mbps、レイヤ7パフォーマンスが秒間2800HTTPトランザクションで、ポートを10基装備する。

SX-3820の外観と「かんたん設定」画面
SX-3820の外観と「かんたん設定」画面(セイコーソリューションズ提供)
Netwiserの概要
用途と機能機能集約型の国産レイヤ4-7ロードバランサ製品群
特徴SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション機能をサポート。IPv6/IPv4デュアルスタックとIPv6/IPv4プロトコル変換機能に標準で対応する。WAF搭載モデルもラインアップ
税別価格SX-3820:59万8000円、SX-3840とSX-3845:98万円(SSLボード付は128万円)、SX-3850:158万円(SSLボード付は188万円)、SX-3550:198万円
発表日SX-3820/3840/3845/3850:2014年6月4日、SX-3550:2013年4月15日
導入企業ほくでん情報テクノロジー、ほぼ日刊イトイ新聞、戸田建設、日本緊急通報サービス、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan