ルータ NEC

UNIVERGE IX:ネットにVPNを構築できるアクセスルータ--動的IPアドレスに対応

高速アクセスルータの「UNIVERGE IX」は、ブロードバンドアクセス回線を生かした高速なVPN環境を構築できる。動的IPアドレスの割り当てに対応しており、インターネット接続のコストを削減できる。

 NECの「UNIVERGE IX」シリーズは、ブロードバンド回線での仮想私設網(VPN)構築に適した高速アクセスルータだ。小型の「IX2105」からデータセンター向けの「IX3110」まで、多くの用途に対応した製品がある。

 データセンター向けのIX3110は、最大1024拠点まで接続可能だ。パフォーマンスを示すIPsec性能は最大920Mbps。ブロードバンドアクセス回線を生かした高速なVPN環境を構築できることに加え、固定IPアドレスの割り当てに比べて安価な動的IPアドレスの割り当てに対応しているため、インターネット接続のコストを削減できるとしている。

 iOSやAndroidなどのスマートデバイス、ノートPCとのVPN接続にも対応する。各OSに標準実装されているVPN機能を使うため、クライアント側にソフトウェアをインストールする必要がない。

 全機種にファイアウォール機能を搭載しており、インターネット経由の不正アクセスから内部ネットワークを守る。端末認証とPC検疫機能によって内部からの不正アクセスやウイルス、ワームからの感染を防止する。

Cisco Meraki MR34の外観
UNIVERGE IX2105の外観(NEC提供)
UNIVERGE IXシリーズの概要
用途と機能VPN回線の構築に適した企業向けの高速アクセスルータ
特徴高速なインターネットVPN環境を実現できることに加え、動的IPアドレスの割り当てに対応しているためインターネット接続のコストを削減できる
税別価格UNIVERGE IX2105:8万1000円
UNIVERGE IX3110:79万8000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan