ミドルウェア NTTデータ・イントラマート

intra-mart Accel Platform:オンプレミスとクラウドで使えるシステム共通基盤

システム共通基盤の「intra-mart Accel Platform」は、オンプレミスとクラウドの環境に対応し、アプリケーションをノンプラミングで構築するためのテンプレートや画面素材、ミドルウェアなどが用意されている。

 NTTデータ イントラマートの「intra-mart Accel Platform」は、オンプレミスとクラウドで利用できるシステム共通基盤だ。アプリケーションをノンプラミングで構築するためのテンプレートや画面素材、ミドルウェアなどが用意されている。

 専用の画面作成ツールを使い、プログラミングをせずに申請帳票やウェブ画面フォームを選ぶことで、業務アプリケーションの作成が可能だ。用意されている帳票のテンプレートは107種類あり、画面アイテムも必要に応じてさまざまなものを選択できる。

 ビジネスプロセス管理(BPM)/ワークフロー統合ツール「IM-BIS」を使うと、オンプレミスとクラウドの各環境で動いているアプリケーション、さまざまな業務フロー、業務画面などを統合的に管理、連携可能なため、各機能を組み合わせた新しいウェブシステムを開発できる。

 intra-mart Accel Platformは、モジュール単位でのバージョンアップが可能になっており、新技術が登場した際などは、コストや作業の負担なしにアップデートするとしている。ユーザー企業は同一の基盤を使い続けながら、最新の技術をキャッチアップすることが可能だ。

intra-mart Accel Platformの概要
用途と機能アプリケーションや画面のテンプレートなどが豊富に用意されたシステム共通基盤
特徴基盤上にアプリケーションをノンプラミングで構築するためのテンプレートや画面素材、ミドルウェアなどがある
税別価格1CPUライセンス(ワークフローあり)のアドバンスト版が180万円
導入企業ティアック、住友商事、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan