メールセキュリティ シマンテック

Email Security.cloud:送受信メールをクラウドでスキャン--標的型攻撃を防ぐ

メールセキュリティサービスの「Email Security.cloud」は、クラウドでメールの本文や添付ファイルを検査する。新種マルウェアの検出技術で標的型攻撃で活用するメールを防ぐ。

 シマンテックの「Email Security.cloud」は、クラウド型のメールセキュリティサービスである。メールを送受信する際にクラウドサービスを通過するような仕組みになっており、クラウドでメールの本文や添付ファイルを検査する。対応するメールシステムは、クラウドサービス「Microsoft Office 365(Exchange Online)」「Google Apps(Gmail)」、オンプレミスの「Microsoft Exchange」など。このほかのメールシステムにも対応可能だとしている。

 Email Security.cloudの主なセキュリティ機能は、(1)大量のスパムメールや未知のものも含めたウイルスを検知、防御する「アンチウイルス、アンチスパム」、(2)エンドユーザーが設定したルールに基づいて機密情報や不適切な内容の流出を防ぐ「コンテンツイメージコントロール」、(3)すべてのウェブリクエストをリアルタイムでスキャンし、ウイルスやスパイウェアによる感染から保護する「ウェブアンチウイルス、アンチスパム」、(4)URL分類データベースで、不適切なウェブサイトへのアクセスをブロックする「URLフィルタリング」である。

 同社では、新種マルウェアの検出技術「Skeptic」で標的型攻撃に活用されるメールを防げるとしている。Skepticは、学習型の人工知能をベースとした技術で、アプリケーションのレピュテーション(評判)やジャンクコードの分析、URLリンクが添付されている場合に事前にスキャンする「リンクフォロー」などの技法によって、新種のマルウェアを検出するという。

 これらの機能によって、スパムの99%(2バイト文字を含む電子メールでは95%)、既知と未知のメールウイルスに対しては100%の保護を提供できるとしている。

「Email Security.cloud」の仕組み
「Email Security.cloud」の仕組み(シマンテック提供)
Email Security.cloudの概要
用途と機能メールのセキュリティ機能を提供するクラウドサービス
特徴スパムの99%、既知と未知のメールウイルスの100%を防御できるとしている
税別価格1ユーザーあたり年額3420円から(ユーザー数が10~49人でメールに対する防御機能のみの場合)
導入企業 日本ペイント、イエローハット、東海技術センター、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan