スイッチ ジュニパーネットワークス

QFabric:複数のLANスイッチを集約するネットワーク仮想化基盤

 ジュニパーネットワークスの「QFabric」は、複数のLANスイッチを仮想的に単一のスイッチとして運用できるネットワーク仮想化基盤である。データセンターのように複数のLANが混在する大規模ネットワークにおいて、仮想的にネットワーク全体を単一の階層に平坦化することが可能になる。全てのアクセスポイントを同等に扱えるようになるので、ネットワークの局所性による影響を軽減できる。

 QFabricシステムは、レイヤ2とレイヤ3に対応したLANスイッチ「QFabric Node」を、高速伝送デバイス「QFabric Interconnect」に接続することで単一のスイッチとして動作させる構成をとる。QFabricシステムは、制御管理サービス「QFabric Director」で一元的に管理できる。

 製品ラインアップには、中規模データセンター向けの「QFX3000-M QFabricシステム」と大規模データセンター向けの「QFX3000-G QFabricシステム」の2種類のモデルがある。対応するイーサネットポート数は前者が最大768個、後者は最大6144個である。

 QFabric Nodeとして利用できる同社製スイッチは、10GbEに対応する「QFX3500」、40GbEに対応する「QFX3600」、10G/40GbEに対応する「QFX5100」の3種類。QFabric Interconnectは、QFX3000-M向けの「QFX3600-I」(16ポート収容)とQFX3000-G向けの「QFX3008」(16ポート収容可能な通信モジュールを最大8枚搭載)の2種類がある。QFabric Directorは、QFX3000-M、QFX3000-Gともに「QFX3100」である。

QFabric Nodeである「QFX3600」
QFabric Nodeである「QFX3600」(ジュニパーネットワークス提供)
QFabricシステムの概要
用途と機能データセンター向けのLANスイッチ仮想化システム
特徴複数のLANにまたがる複数のスイッチを仮想的に1台のスイッチとして運用できる
税別価格QFabric NodeのQFX3500:482万8000円から(2011年の発表時の日本円参考価格)
導入企業ヤフー、情報通信研究機構、DMM.comラボ

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan