IaaS 日本アイ・ビー・エム

新グローバルゲームインフラ基盤をSoftLayerでクラウド化--エイチーム

エンターテインメント事業とライフスタイルサポート事業を手掛けるエイチームは、スマートフォン向けゲームの開発と運営を支えるゲームインフラ基盤としてクラウドサービスを採用、本番環境での利用を前提として、まず開発環境での稼働を開始した。

 エンターテインメント事業とライフスタイルサポート事業を手掛けるエイチームは、スマートフォン向けゲームの開発と運営を支えるゲームインフラ基盤としてクラウドサービスを採用した。本番環境での利用を前提として、まず開発環境での稼働を開始している。

 エイチームは、経営環境の変化に応じて、いち早くソーシャルアプリ及びスマートフォンアプリに力を入れ、SNSやスマートフォンの特性を生かした新規アプリの開発に注力している。

 同社では今回、エンターテインメント事業の中核を担うゲーム事業の企画・開発・運営を強化し、日本、北米、アジアに加えて、欧州向けユーザーにもゲームサービスの提供地域を拡大すべく、安定したパフォーマンスを全てのゲームプレイヤーに提供できる基盤を求めていた。

 スマートフォン向けゲームの開発と運営を支える新たな基盤として、数カ月の検証の結果、IBMのクラウド「SoftLayer」を採用した。本番環境での利用を前提とし、すでに開発環境での稼動を開始している。

 SoftLayerは、 高品質かつ高速なネットワークにより、必要な時に必要なIT資源を柔軟かつ迅速に利用できるクラウドサービス。エイチームは今回、世界の多拠点にあるデータセンターを利用し、ベアメタルサーバ、グローバルの高速ネットワークサービス、仮想サーバ、ストレージ、ロードバランサ、ファイアウォールなどSoftLayerの全サービスと機能を活用し、高い安定性と性能、そしてセキュリティを備えたインフラ構築に取り組んでいく。

 今後は、エンターテインメント事業において、スマートフォン/タブレット端末向けサービスを軸に、世界で通用するゲームメーカーへと成長することを目標としている。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan