ERP 日本マイクロソフト

Dynamics NAV:「Office 365」と密に連携する中小企業向けERP

中小企業向けERPの「Microsoft Dynamics NAV」は、「Office 365」と密に連携することが大きな特徴だ。財務管理、販売管理、仕入れ管理、倉庫管理、生産管理、サービス管理、リソース管理などの機能を備える。

 日本マイクロソフトの「Microsoft Dynamics NAV」は、中小企業を対象とした統合基幹業務システム(ERP)のパッケージソフトウェアである。財務管理、販売管理、仕入れ管理、倉庫管理、生産管理、サービス管理、リソース管理などの機能を備える。

 同社が2002年に買収したデンマーク企業、Navisionのソフトウェアがベースになっている。オンプレミス版に加えて、パブリッククラウド「Microsoft Azure」を用いたクラウド版も提供する。クラウド型オフィスアプリケーション「Office 365」と密に連携することが大きな特徴となっている。

 Outlookとの連携では、連絡先やタスク、予定表がDynamics NAVと自動的に同期される仕組みだ。例えば、Dynamics NAVのマーケティング機能の連絡先や得意先の画面には「Eメール」のボタンがあり、これをクリックするとOutlookが起動し、宛先が設定された送信画面が表示される。メールのやり取りは、Dynamics NAVの折衝記録に自動的に登録される。連絡先や得意先の画面から「Skype for Business」を起動する機能も備える。

 Dynamics NAVの扱う帳票はWordで設計、変更が可能である。見積書や請求書などの対外文書、伝票や各種管理表などの社内書類を、IT部門の手を借りることなくユーザー部門でメンテナンスできるようになる。

 作成した見積書や受注伝票、請求書などの書類は、「SharePoint Online」に直接格納できる。これによって、Dynamics NAVで作成した書類に対して、SharePointのワークフロー機能やバージョン管理(履歴管理)機能を適用できるようになる。

 Dynamics NAVの画面や帳票はExcel形式で出力が可能。Excelアドインを使うと、「Reflesh」ボタンをクリックするだけで自動的に最新データをExcelファイルとしてデータベースに登録できる。

Microsoft Dynamics NAVの概要
用途と機能中小企業向けのERP
特徴財務管理、販売管理、仕入れ管理、倉庫管理、生産管理、サービス管理、リソース管理などの機能を搭載。Office 365に含まれるOutlookやShare Point、Word、Excelとシームレスに連携する
導入企業 日本パルスモーター、Asahi Kasei Fibers Italia、Kureha America、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  4. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]