BI DTS

データスタジオ@WEB:ドリルダウンも可能、OS/400でも動作する国産BIツール

BIツールの「データスタジオ@WEB」はWindows ServerやLinux、Solaris、IBM i(旧称OS/400、i5/OS)などのウェブアプリケーションサーバで動作し、さまざまなデータベース管理システム上のデータを活用できる。

 DTSの「データスタジオ@WEB」は、ブラウザから利用できる国産のビジネスインテリジェンス(BI)ツールである。Windows Server 2003/2008/2012、Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Solaris 10/11のウェブアプリケーションサーバで動作し、さまざまなシステム上のデータを活用できる。

 クエリとデータ抽出機能では、事前に設定した項目や集計条件でデータを抽出、集計する定型検索のほか、検索や抽出したい表示項目、抽出条件、並び順をその都度設定する非定型検索が可能。OLAPでは、グループ集計やクロス集計、スライス&ダイスによるさまざまな切り口での分析、ドリルダウンによる詳細分析、ドリルスルーによる明細データ参照などができる。

 レポーティング機能では、あらかじめ登録した条件設定項目に基づいて定型的な帳票を作成し、ExcelやCSV形式に出力できる。さらに、集計や分析の結果を経営層や管理職向けに最大3画面構成でまとめて表示できる「簡易ポータル機能」のほか、オプションでPDF出力やグラフ出力、定型分析のスケジュール実行などの機能を提供する。

 エンドユーザーの操作履歴のログ保管、個人やグループごとの参照権限の設定、メール通知によるログイン承認といったセキュリティ機能も備える。

 データスタジオ@WEBは、ウェブサーバ「Apache Tomcat」を同梱しており、簡易なウェブサーバ機能を実装している。本格的なウェブサーバを利用する場合は「Apache HTTP Server」などを別途用意する必要がある。

データスタジオ@WEBの簡易ポータル表示画面
データスタジオ@WEBの簡易ポータル表示画面(DTS提供)
データスタジオ@WEBの概要
用途と機能ブラウザから利用できる国産BIツール
特徴TomcatやCosminexus、WebLogic、WebSphere、WebOTX、Interstageなどのウェブアプリケーションサーバ、Oracle Database 9i/10g/11g、SQL Server 2005/2008/2012、HiRDB v8/v9、Hitachi Advanced DataBinder(HADB)、DB2などのRDBMSに対応する
クライアント環境Internet Explorer 9/10(互換)/11、Mozilla Firefox、Google Chrome、など(IE9推奨)
サーバ環境Windows Server 2003/2008/2012、Linux(Red Hat/CentOS)、Solaris(10/11)、IBM i(OS/400、i5/OS)、など
税別価格サーバ基本パッケージ(10ユーザーライセンス含む):1サーバが150万円、追加ユーザーライセンス(11~100人)がユーザーあたり1万5000円、など
導入企業ミサワホーム、エア・ウォーター、横浜銀行、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan