OS スマートフォン タブレット グーグル Google

「Android」バージョン別シェア、「KitKat」が3割超で首位--「Marshmallow」は0.5%

グーグルは、「Google Play」にアクセスする「Android」デバイスのOSバージョン情報を集計し、各バージョンのシェアを公表している。米国時間12月7日までの7日間を集計したデータによると、シェアが最も高かったのは、36.6%を占めた「4.4」(開発コード名「KitKat」)だった。

 Googleは、「Google Play」にアクセスする「Android」デバイスのOSバージョン情報を集計し、各バージョンのシェアを公表している。米国時間12月7日までの7日間を集計したデータによると、シェアが最も高かったのは、36.6%を占めた「4.4」(開発コード名「KitKat」)。開発コード別でも、KitKatがトップだった。

 KitKatに続くバージョンごとのシェア上位は、2位が16.3%の「5.0」(開発コード名「Lollipop」)、3位が13.2%の「5.1」(同「Lollipop」)。最新版「6.0」(同「Marshmallow」)のシェアはまだ0.5%。

 開発コード別の順位は、1位「KitKat」(36.6%)、2位「Lollipop」(29.5%)、3位「Jelly Bean」(バージョン4.1~4.3)(26.9%)となる。


開発コード別のシェア(出典:Google)

 バージョンごとのシェアは以下のとおり。集計対象はバージョン2.2以上で、シェアが0.1%未満のバージョンは一覧に掲載していない。かっこ内は開発コード名。

  • 2.2(Froyo):0.2%
  • 2.3.3~2.3.7(Gingerbread):3.4%
  • 4.0.3~4.0.4(Ice Cream Sandwich):2.9%
  • 4.1.x(Jelly Bean):10.0%
  • 4.2.x(Jelly Bean):13.0%
  • 4.3(Jelly Bean):3.9%
  • 4.4(KitKat):36.6%
  • 5.0(Lollipop):16.3%
  • 5.1(Lollipop):13.2%
  • 6.0(Marshmallow):0.5%

バージョン別のシェア(出典:Google)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan