OS スマートフォン タブレット グーグル Google

「Android」バージョン別シェア、「KitKat」が3割超で首位--「Marshmallow」は0.5%

グーグルは、「Google Play」にアクセスする「Android」デバイスのOSバージョン情報を集計し、各バージョンのシェアを公表している。米国時間12月7日までの7日間を集計したデータによると、シェアが最も高かったのは、36.6%を占めた「4.4」(開発コード名「KitKat」)だった。

 Googleは、「Google Play」にアクセスする「Android」デバイスのOSバージョン情報を集計し、各バージョンのシェアを公表している。米国時間12月7日までの7日間を集計したデータによると、シェアが最も高かったのは、36.6%を占めた「4.4」(開発コード名「KitKat」)。開発コード別でも、KitKatがトップだった。

 KitKatに続くバージョンごとのシェア上位は、2位が16.3%の「5.0」(開発コード名「Lollipop」)、3位が13.2%の「5.1」(同「Lollipop」)。最新版「6.0」(同「Marshmallow」)のシェアはまだ0.5%。

 開発コード別の順位は、1位「KitKat」(36.6%)、2位「Lollipop」(29.5%)、3位「Jelly Bean」(バージョン4.1~4.3)(26.9%)となる。


開発コード別のシェア(出典:Google)

 バージョンごとのシェアは以下のとおり。集計対象はバージョン2.2以上で、シェアが0.1%未満のバージョンは一覧に掲載していない。かっこ内は開発コード名。

  • 2.2(Froyo):0.2%
  • 2.3.3~2.3.7(Gingerbread):3.4%
  • 4.0.3~4.0.4(Ice Cream Sandwich):2.9%
  • 4.1.x(Jelly Bean):10.0%
  • 4.2.x(Jelly Bean):13.0%
  • 4.3(Jelly Bean):3.9%
  • 4.4(KitKat):36.6%
  • 5.0(Lollipop):16.3%
  • 5.1(Lollipop):13.2%
  • 6.0(Marshmallow):0.5%

バージョン別のシェア(出典:Google)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]