EAI/ESB セゾン情報システムズ

DataSpider Servista:データやアプリケーションを自由につなぐEAIソフト

EAIソフト「DataSpider Servista」は、オンプレミスとオフプレミスのアプリケーションやデータベースをさまざまなアダプタを使ってつなげる。システムごとのデータ連携作業も専門的な技術や知識は必要なし。

DataSpider Servistaのポイント

  • データの入出力や変換、加工に必要な処理もドラッグ&ドロップで操作
  • 各種のプロトコルやファイル形式などさまざまな接続先に応じたアダプタが用意
  • 入力、変換、出力は分割され、それぞれ実行するPSPを実装

DataSpider Servistaの製品解説

 セゾン情報システムズの「DataSpider Servista」は企業アプリケーション統合(EAI)ソフトウェア。異なるシステムのさまざまなデータやアプリケーションをさまざまなアダプタを使ってつなぐ。システムごとのデータ連携作業も専門的な技術や知識は必要なく、ドラッグ&ドロップで各システムを連携可能。

編集部おすすめの関連記事

 データ連携フローの作成にGUIを採用。データの入出力に加えて、変換や加工に必要な処理もアイコンのドラッグ&ドロップで操作できる。

 「固定長の受注ファイル→製品マスターと照合→SQL Serverに格納→完了報告をメール送信」という処理フローなら、Javaで開発すると約1万4000ステップになるが、DataSpider ServistaのGUIで設定すれば、13個のアイコンを並べてつなぐだけで済むと説明する。

 オンプレミスとオフプレミス、それぞれのアプリケーションやデータベースに加えて、各種のプロトコルやファイル形式などさまざまな接続先に応じたアダプタが用意されている。

 例えば、Salesforce.comと既存のシステムを接続させる場合、プログラムで書くと複雑な工程を重ねた上にSalesforce特有のルールに従った開発が必要になる。DataSpider Servistaの接続アダプタを活用すれば、接続情報とデータ取得処理を設定するだけで済むとしている。

 データの入力、変換、出力の工程を分割し、それぞれ実行するパラレルストリーミング処理(PSP)を実装している。GUIで設定されたスクリプトはJavaプログラムに自動変換して実行するため、Javaプログラムと同等のパフォーマンスを狙える。

 豊富なアダプタをまとめた「アドバンス」と汎用的なアダプタをまとめた「ベーシック」の2製品がある。アダプタの種類は異なる。用途に応じてオプションでアダプタを選択できる。

表:DataSpider Servistaが提供する主要なアダプタ
データベースMicrosoft Access、IBM DB2、DB2 for i、MySQL、Oracle Database、PostgreSQL、Microsoft SQL Server、JDBC、ODBC、NeoCore XMS、Shunsaku、FileMaker Pro、HiRDB、Infomix Workgroup Edition
ファイル「Hadoop Distributed File System(HDFS)、CSV、Microsoft Excel、HTML、XML、固定長、可変長、ファイル操作、ファイルシステム(Base64)
アプリケーションHULFT、DataSpider BPM、SAP R/3、SAP BCアダプタ、SAPテーブルクエリアダプタ、Microsoft Dynamics AX、勘定奉行V ERP、商蔵奉行V ERP、SVF、Sedue、List Creator、Xuras inicio、IBM Domino、IBM Notes、メインフレーム
ネットワークFTP、JMS、Web、Webサービス、POP3、IMAP4、SMTP、Active、Directory、REST
BI/DWHDr.Sum、Tableau、IBM PureData System for Analytics、Vertica、Greenplum Database、高速機関、Teradata、SAP HANA
クラウドAmazon Web Services、Cloudn、G Suite、Microsoft Azure、ニフティクラウド、Salesforce、Google App Engineデータストア、kintone
MAHubSpot、Oracle Eloqua
DataSpider Servistaのまとめ
用途と機能EAIソフト
特徴データの入出力や変換、加工に必要な処理もドラッグ&ドロップで操作。アプリケーションやデータベース、各種のプロトコルやファイル形式などさまざまな接続先に応じたアダプタを用意。GUIで設定されたスクリプトはJavaプログラムに自動変換して実行
税別料金アドバンス:550万円~、ベーシック:300万円~
導入企業日立造船、日産化学、メディカル・データ・ビジョンなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]