クラウド

業務アプリを一気にクラウド化する前に考えるべきこと

レガシーアプリケーションの使用をやめてクラウドへ移行することには、リスクが伴う。企業の技術担当役員たちに、それぞれのクラウド移行戦略の背景を聞いた。

 クラウドにより、最高情報責任者(CIO)はアプリケーションに対する新たな取り組みが可能になる。業務ソフトウェアを購入して社内で動かすのでなく、ツールやサービスをオンデマンドで調達して使う手段をもたらせる。

 ただし、クラウドへの移行は単純作業でない。多くのCIOが、実際の業務で使っている主要システムとレガシープラットフォームの結び付きに気付くだろう。一方、クラウドにはセキュリティとガバナンスに関するさまざまな問題が存在し、あらゆる業務アプリケーションにとっての適切な解がクラウドから得られるわけでもない。

 CIOが業務アプリケーションの将来を検討するにあたって、どのアプリケーションを社内に残し、どのアプリケーションの使用を停止し、どのアプリケーションをクラウドへ移すのかを、どうやって考えれば良いのだろうか。

残り本文:約2671文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]