SDN/ネットワーク仮想化 NEC 日本アイ・ビー・エム ネットワンシステムズ

SDN座談会(2):ソフトのスピード感でネットワークを制御する利点を生かす

ネットワークをソフトウェアで制御することで何が変わるのか。SDNに関連した製品やサービスを手掛けるベンダー5社の議論から、既存ネットワークの課題とSDNがもたらすメリットが見えてくる。

クラウドからネットワークを管理

生田氏 SIerありきのSDNというのは、たぶんそれがすべてではなくて「データセンターに入りたくない」「WANのデータを自分で設定したくない」といえば、その方がいい場合も多々あります。クラウドからネットワークを管理する「Cisco Meraki」の場合、顧客がコントローラを用意する必要がなく、運用をすべてクラウドでやってしまう。ルータをつないだらもうブラウザにだけアクセスすれば、拠点ごとのトラフィックを見ることができる。VPN(仮想専用網)のトンネルもさまざまに変えられる。実はSDNのその先として「全部クラウドベースでできるMerakiの方が簡単じゃないか」みたいな話も位置付けられると思います。

 Merakiは、無線LAN、ルータ、スイッチ、セキュリティをすべてクラウドベースで運用を管理する、Cisco製品のラインアップの一つです。Merakiの場合、お客さまごとのカスタマイズや細かなチューニングは「Cisco IOS」ルータやスイッチに比べると比較的低く、その利便性とはトレードオフの関係にあります。

シスコシステムズ システムエンジニアリング SDN応用技術室 テクニカルソリューションズアーキテクト 生田和正氏
シスコシステムズ システムエンジニアリング SDN応用技術室 テクニカルソリューションズアーキテクト 生田和正氏

 他方で、日本で言うと通信事業者のマネージドサービスがいい例ですが、接続性と基本的な管理を装置込みのレンタルで提供するマネージドルータサービスが普及していますが、さらに付加価値を提供する手段として、NFVが活用され始めています。

 例えば、通信事業者内で稼働しているネットワーク機器がすべてバーチャルアプライアンス化することで、拠点のルータから対向の通信事業者側のVPN終端装置は仮想化されたルータで受けるんですね。仮想化されたことの利点として、マネージドサービスのオーダー画面で注文が入ったら自動的にその注文に応じてマネージドサービス側の網がプロビジョニングされて、拠点にルータが展開されたら、お客さまの注文に応じたトンネルが、サービス網とつながってファイアウォールやロードバランサといった付加サービスが自動的に展開されるというイメージです。

 マネージドサービスを利用する企業ユーザーが、ファイアウォールやロードバランサなどのポリシーを決めて注文画面からオーダーすると自動的にサービス網側のインフラが、オーダーごとに動的に展開される。そういったトータルなシステムを、通信事業者側でのNFV/SDNソリューションとして提案させていただいまして、すでにDeutsche Telekomで導入、展開が進んでいます。「Cisco Virtual Managed Service(vMS)」というサービスプロバイダー向けのソリューションになりますが、サービス展開の速度や柔軟性という意味で、企業ユーザーが享受するメリットも非常に大きいと思います。

 オンプレミスにこだわり、ある程度突っ込んで自分たちで管理したいというお客さまもいれば、全部アウトソースしたいというお客さまもいます。アウトソースの場合、個別のチューニングの余地を残したいのであれば、vMSのような通信事業者によるサービスが選択できると思いますし、もうオンかオフだけでいい、壊れたら取り替えればいいというのであれば、Merakiのような製品とサービスを活用して全部クラウドでやる。そういうものも選択肢として入ってきています。

林氏 それが本当に微妙なところで、全部こっち側でやってしまうとSIerさんから嫌われるんですよ。それでどうにも今度は大規模なお客さまを取れなくなってきます。ある程度コンフィグレーションは開放するような形で、パートナーさん向けにはなんでもできるようなモードとかを使うんですね。IIJはそう展開するようにしました(笑)。

山下氏 キャリアにおけるSDNの活用は、キャリア網をSDN化してさまざまなネットワーク機器の機能をNFVでソフトウェアとして、パターン化して実装、監視、運用できるOpsコードをちゃんとオーケストレーションしてあげるということですね。それはとてもクラウド的な考え方で新しいですね。

 今までのネットワークキャリアは、どちらかというとハードのスイッチを搬入して導入作業を行うというような世界だったのが、NFVを契約にあわせて自動的にオーケストレーションするといったクラウドの技術が使われるというところで、とても面白いです。

SDNで迅速性を

――SDNによって実現する理想像のようなものはあるのでしょうか。

残り本文:約4723文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]