SNS トークノート

Talknote:従業員の振る舞いでストレスチェックもできる社内SNS

SaaS型社内SNS「Talknote」は、基本的なコミュニケーション機能のほか、タスク管理や利用者の振る舞いを分析するアクションリズム機能を搭載している。

Talknoteのポイント

  • タイムラインやグループ、チャットなどのコミュニケショーンが可能
  • 外部のメールシステムと連携、社外ともやり取り可能
  • いつもと違った振る舞いを検出してストレスチェックを支援

Talknoteの製品解説

 トークノートの「Talknote」は、SaaS型企業向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)。ブラウザから利用できるほか、iOSとAndroid向けのアプリも提供する。2015年12月時点で2万社以上が導入している。

編集部おすすめの関連記事

 コミュニケーション機能は、(1)メンバー全員が投稿を参照できる「タイムライン」、(2)参加できるメンバーを限定して特定のテーマでコミュニケーションをとる「グループ」、(3)特定のメンバーとメッセージをやり取りする「メッセージ」、(4)リアルタイムのメッセージをやり取りする「チャットボックス」――の4つである。

 (1)と(2)は、個人向けと同様に、元の投稿に対する返答を時系列で表示する機能を提供。「いいね」ボタンも備えている。投稿に画像や文書ファイルを添付することも可能だ。

 外部のメールシステムと連携する機能も提供する。グループ機能において、特定のメールアドレスを指定すると、そのメールアドレス宛に届いたメールの内容を自動的に投稿する仕組みだ。Talknote同士であれば、社外ともコミュニケーションできる。

 コミュニケーション機能のほかに、「タスク管理」と「アクションリズム解析」という2つの機能を搭載する。

 タスク管理は、タスクの進捗を関係者の間で管理する機能。タスクの内容と担当者、期日を入力すると、依頼されたメンバーに通知が送られる。その後、コメントをやり取りして、タスクの進捗を確認する。タスクの完了を指定すると、依頼者にもその旨が通知される。自分を宛先に指定すれば自分のToDoとしても利用できる。

 アクションリズム解析は、利用者のコミュニケーション量やアクセス時間帯などを分析して、いつもと違った振る舞いが検出された際に、管理職や人事担当者などの指定したメンバーへ通知する機能で、企業のストレスチェックを支援する仕組み。「Aさんのアクセス開始時間が遅くなっています。仕事に消極的になっている可能性もあるので、話を聞いてあげてください」といった内容が通知される。

Talknoteのまとめ
用途と機能SaaS型社内SNS
特徴個人向けと同様に元の投稿に対する返答を時系列で表示。外部のメールシステムと連携。Talknote同士であれば、社外ともコミュニケーション。「タスク管理」と「アクションリズム解析」も搭載
税別価格1ユーザーあたり月額980円

「SNS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]