グループウェア サイボウズ

サイボウズOffice:日本のビジネスの実情を考えたグループウェア

グループウェア「サイボウズOffice」は、スケジュール共有や設備予約などの基本機能に加えて、ファイル共有などもを搭載している。企業や組織内の情報共有やコミュニケーションを支援する。

サイボウズOfficeのポイント

  • 業務に必要なアプリケーションを独自に開発可能
  • 常に最新のファイルをダウンロード、更新履歴も管理
  • ユーザーごとに使える機能も設定可能

サイボウズOfficeの製品解説

 サイボウズの「サイボウズOffice」は、日本企業のビジネスの実情や働き方の実際にマッチさせたグループウェアになる。クラウド版、パッケージ版が選べ、課金制度もきめ細かく、企業ごとに異なるニーズにあわせて導入できる。

編集部おすすめの関連記事

 必要な機能はソフトウェアのトップページに集約、大事な情報にすぐにアクセスできるため見逃しや確認漏れなどを防ぐことができる。モバイル端末にも対応している。

 カスタムアプリでは、業務にあった独自のアプリケーションを作れる。Excelで管理していた情報をユーザーで共有できる。専門知識がなくても日報や商談進捗管理などのアプリケーションを作れる。

 ファイル管理は、常に最新のファイルをダウンロードして利用できる。更新履歴が管理されていて、誰がどのように更新したかが記録される。ユーザーごとに使える機能も設定できる。正社員と派遣社員で使える機能を設定できるといったことが可能だ。

 クラウド版なら1ユーザー月額500円と費用対効果にすぐれたコースもあるので、まずはミニマムスタートからという企業にも最適なグループウェアとなっている。

サイボウズOfficeのまとめ
用途と機能日本企業のビジネスの進め方や働き方の実情を踏まえたグループウェア
特徴日々充実する機能や選びやすいサービス内容など、日本でのグループウェア活用に合ったサービスを展開
税別料金クラウド版:スタンダードコース1ユーザー当り月額500円~
パッケージ版:10ユーザー版で6万3800円~
導入企業石井設計、ワーク・イノベーション、社会保険労務士事務所リンク・サポートほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan