BI アシスト

日本国土開発、経営会議をデジタル化--地図連携BIツールで地理的に分析

建設業の日本国土開発は、紙ベースだった経営会議をデジタル化。受注実績や会計報告、建築工事の進捗状況などを地図と連携するBIツールで可視化、分析している。

 総合建設会社の日本国土開発は、連想型のインメモリビジネスインテリジェンス(BI)ツール「QlikView」と専用の地図連携ツール「GeoQlik」を組み合わせた経営層向けのデータ分析基盤を構築した。2015年6月から利用を開始しており、主に経営層が会計ダッシュボードや受注実績レポートを活用して、データ分析をもとにした意思決定や指示命令などの業務改善に取り組んでいる。アシストが12月16日に発表した。

 日本国土開発は、東京湾アクアラインや関西国際空港をはじめとした大規模な交通インフラ整備事業に加え、ハウステンボスや日産スタジアムといった大型施設から集合住宅の建設まで、国内と東南アジアを中心に幅広く事業を展開している。

残り本文:約747文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  3. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  4. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]