CRM 日本オラクル

Oracle RightNow Cloud Service:クロスチャネルで“顧客体験”向上を支援するSaaS

“顧客体験”向上を支援するSaaS「Oracle RightNow Cloud Service」は、デバイスやチャネルからの顧客情報を一元的に蓄積、管理し、問題の自己解決率を高めてコスト削減とCX向上を実現する。

 日本オラクルの「Oracle RightNow Cloud Service」は、クロスチャネルで“顧客体験(Customer Experience:CX)”向上を支援するSaaS。さまざまなデバイスやチャネルからの顧客情報をクラウド上で一元的に蓄積、管理し、ウェブ、コンタクトセンター、ソーシャルメディアを一体化させて問題の自己解決率を高め、コスト削減とCX向上を実現する。

 ウェブ体験向上を支援する「RightNow Web Experience」、ソーシャルネットワークで顧客との関係を高める「RightNow Social Experience」、さまざまなチャネルの顧客との関係をコンタクトセンターで一元管理する「RightNow Contact Center Experience」のほか、顧客対応に必要となる業務要件の設定や管理を自動化する「RightNow Policy Automation」、クローズドループマーケティングや統合分析を行う「RightNow Engage」で構成。これらはすべてクラウドプラットフォーム「RightNow Service Experience Platform」の上で動作する。

 RightNow Web Experienceは、エンドユーザーがスマートフォンやPCなどを用いてオンラインで商品を調べ、購入し、疑問点を解決できるようにする機能。目的や意図にあったコンテンツにエンドユーザーを導き、コンバージョン率を向上する。必要な顧客には、より多くの情報とセルフサービスツールを提供。セルフサービスから、メールやチャット、コールセンターによるサポートへの移行も可能にする。

 RightNow Social Experienceは、ソーシャルメディアのモニタリングから、ブランディングされたオンラインコミュニティーの作成、Facebook内でのカスタマサービスページの立ち上げなど、ソーシャルネットワークを利用したCX向上を実現。顧客のロイヤリティーを向上させたり、顧客同士による問題解決や改善提案を促したりするのに役立つ。

 RightNow Contact Center Experienceでは、複数のソースから収集した情報を整理し、すぐに利用できるナレッジデータベースを作成。これまでの顧客とのやり取りをすべてオペレーターに提供することで、顧客との一元的な対話を実現し、状況に合わせて適切なサービスに結び付けられるようにする。

Oracle RightNow Web Experienceの画面
Oracle RightNow Web Experienceの画面(日本オラクル提供)
Oracle RightNow Cloud Serviceの概要
用途と機能クロスチャネルでCX向上を支援するSaaS
特徴さまざまなデバイスやチャネルからの顧客情報をクラウド上で一元的に蓄積、管理。そのナレッジをウェブ、コンタクトセンター、ソーシャルメディアで一体化することで、問題の自己解決率を高め、コスト削減とCX向上を実現する
導入企業全日本空輸、パナソニック、レオパレス21、ヤフー、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan