DWH 日本マイクロソフト

Azure SQL Data Warehouse:SQL ServerベースのSaaS型DWH、クエリで課金

データウェアハウスサービスの「Azure SQL Data Warehouse」は、パブリッククラウド「Microsoft Azure」にデータ分析基盤を構築する。リレーショナルデータと、非リレーショナルデータの両方にまたがるクエリを実行できる。

 日本マイクロソフトの「Azure SQL Data Warehouse」は、IaaS/PaaS「Microsoft Azure」にデータウェアハウスを構築して提供するクラウドサービスだ。リレーショナルデータと、非リレーショナルデータの両方にまたがるクエリを実行できる。同社の大量並列処理(MPP)アーキテクチャを採用しており、高速な処理を可能にしている。

 ストアドプロシージャ、ユーザー定義関数、テーブルパーティション分割、インデックス、照合順序など、エンタープライズ規模のデータウェアハウスに期待される機能が含まれる。オンプレミスとクラウド間でデータを移動させることも可能だ。データを抽出、変換、ロードするETL処理を利用できる。

 利用料金は、処理能力とストレージで別々に発生する。データは、非構造化データを格納するストレージサービス「Azure Storage BLOB」に格納される。処理能力は必要とするクエリパフォーマンスに対してのみ料金が発生する。利用する処理能力の拡大、縮小は数分で実行できる。処理をしていない時間は、ストレージについてのみテラバイト単位で料金が発生する。

 Azure SQL Data Warehouseは「Microsoft SQL Server」のTRANSACT-SQL(TSQL)構文を使用。ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの「Power BI」やパイプライン管理サービス「Azure Data Factory」、機械学習の機能を利用できる「Azure Machine Learning」、ストリーミングデータを分析する「Azure Stream Analytics」とシームレスに連携できる。

Azure SQL Data Warehouse の概要
用途と機能Azureにデータウェアハウスを構築して提供するクラウドサービス
特徴リレーショナルデータと、非リレーショナルデータの両方にまたがるクエリを実行できる。ストアドプロシージャ、ユーザー定義関数、テーブルパーティション分割、インデックス、照合順序など、エンタープライズ規模のデータウェアハウスに期待される機能が含まれる
税別価格1時間あたり99.96円から利用可能
現行版の提供開始日2015年4月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 人手がかかりすぎるから脱却するには?:「脅威インテリジェンスの活用と自動化」によるアプローチ
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan