運用管理 ソーラーウインズ・ジャパン

SolarWinds NPM:障害を検出するネットワーク管理ソフト、アプリ性能も監視

ネットワーク管理ソフトウェアの「SolarWinds Network Performance Monitor(NPM)」は、ネットワーク機器の可用性、デバイスの帯域使用率、パケットの損失、遅延、エラー、破棄、CPUとメモリのパフォーマンスなどを監視する。

 ソーラーウインズ・ジャパンの「SolarWinds Network Performance Monitor(NPM)」は、ネットワークを構成する機器を監視するネットワーク管理ソフトウェアである。ネットワーク内の機器とSNMP(Simple Network Management Protocol)で通信して、情報を収集する仕組みだ。ネットワーク機器の可用性、デバイスの帯域使用率、パケットの損失、遅延、エラー、破棄、CPUとメモリのパフォーマンスなどを監視する。

 ネットワークに接続された機器を検出する機能も備えている。この機能を定期的に実行するように設定しておけば、新たに導入された機器を自動的に監視対象に加えられる。

 機器の管理やソフトウェアの設定は、ウェブ管理画面から操作する。標準機能の「Network Atlas」を使用すると、ネットワークの構成をグラフィカルに表示可能。地図やフロア、建物、部門といった物理的、組織的な位置にもとづいてネットワークの論理イメージを構成する。ドリルダウンでそれぞれの機器の状況を確認できる。

 最新のバージョン11では、新機能として「ディープパケットインスペクション」「分析センサ」を搭載。機器やアプリケーション、ネットワークのパフォーマンスを監視するために、ウィザードを使ってパケット解析センサを容易に配備できるようになった。パケット解析センサは、機器やアプリケーションのインターフェースからパケットを取得して分析し、パフォーマンス監視に関する指標を計算する。これによって、リアルタイムで機器やアプリケーションの健全性を表示したり、パフォーマンスの潜在的な問題を特定したりできる。

 NPMの稼働環境は、OSが「Windows 2003/2008 Server(.NET Framework 3.5以上の環境が必要)」、データベースとして「Microsoft SQL Server」が必要となる。

NPMのウェブ管理画面
NPMのウェブ管理画面(ソーラーウインズ・ジャパン提供)
SolarWinds Network Performance Monitorの概要
用途と機能ネットワークを構成する機器を監視するネットワーク管理ソフトウェア
特徴SNMP通信を利用してネットワーク内の機器の情報を収集、管理する。ネットワークに接続された機器を検出する機能、ネットワーク構成をグラフィカルに表示可能する機能を備える。
税別価格25万400円から

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]