ERP 日本マイクロソフト

Dynamics AX:業種共通のコアと業種ごとの機能を利用できるERPパッケージ

ERPパッケージ「Microsoft Dynamics AX」は、多くの業種に共通する「コア機能」と、業種に特化した「業種ソリューション」を備えている。他社製のERPとも連携できるようになっている。

 日本マイクロソフトの「Microsoft Dynamics AX」は、統合基幹業務システム(ERP)のパッケージソフトウェアである。オンプレミスだけでなく、同社パブリッククラウド「Microsoft Azure」で稼働させることもできる

 特徴は、多くの業種に共通する「コア機能」と、業種に特化した「業種ソリューション」を備えていること。コア機能として会計、生産管理、サプライチェーン管理(SCM)などを提供し、製造、流通小売り、サービスなどの業種特化ソリューションはアプリケーションとして提供する。

 クラウド環境で運用することで、システム構築期間を短縮できたり、運用コストを抑えられるといったメリットがあるという。

 Azureの仮想マシンを使ってDynamics AXを利用すると、システム構築期間を短縮できたり、運用コストを抑えられるといったメリットがあるという。ホスティングのコストを最大で75%、システムの展開にかかる時間を最大で95%短縮できるとしている。

 SAPなどの他のERPパッケージを既に利用している場合であっても、Dynamics AXの業種別アプリケーションなどを使って一部業務を最適化し、既存のERPと連携させるといったことも可能だ。

Microsoft Dynamics AXの概要
用途と機能オンプレミス、クラウドで利用できるERPパッケージ
特徴多くの業種に共通するコア機能と、業種に特化した業種ソリューションを備えている。既存のERPと連携させることも可能
導入企業積水化学工業、ブリヂストン、伊藤忠製糖、大日本印刷、など

「ERP」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]