ERP 日本マイクロソフト

Dynamics AX:業種共通のコアと業種ごとの機能を利用できるERPパッケージ

ERPパッケージ「Microsoft Dynamics AX」は、多くの業種に共通する「コア機能」と、業種に特化した「業種ソリューション」を備えている。他社製のERPとも連携できるようになっている。

 日本マイクロソフトの「Microsoft Dynamics AX」は、統合基幹業務システム(ERP)のパッケージソフトウェアである。オンプレミスだけでなく、同社パブリッククラウド「Microsoft Azure」で稼働させることもできる

 特徴は、多くの業種に共通する「コア機能」と、業種に特化した「業種ソリューション」を備えていること。コア機能として会計、生産管理、サプライチェーン管理(SCM)などを提供し、製造、流通小売り、サービスなどの業種特化ソリューションはアプリケーションとして提供する。

 クラウド環境で運用することで、システム構築期間を短縮できたり、運用コストを抑えられるといったメリットがあるという。

 Azureの仮想マシンを使ってDynamics AXを利用すると、システム構築期間を短縮できたり、運用コストを抑えられるといったメリットがあるという。ホスティングのコストを最大で75%、システムの展開にかかる時間を最大で95%短縮できるとしている。

 SAPなどの他のERPパッケージを既に利用している場合であっても、Dynamics AXの業種別アプリケーションなどを使って一部業務を最適化し、既存のERPと連携させるといったことも可能だ。

Microsoft Dynamics AXの概要
用途と機能オンプレミス、クラウドで利用できるERPパッケージ
特徴多くの業種に共通するコア機能と、業種に特化した業種ソリューションを備えている。既存のERPと連携させることも可能
導入企業積水化学工業、ブリヂストン、伊藤忠製糖、大日本印刷、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 中堅製造企業にもSAP-高利益体質な組織に様変わり!先駆者にみるSAP ERP導入成功事例

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan