EAI/ESB テラスカイ

SkyOnDemand:パブリッククラウドにも対応のSaaS型データ連携ツール

SaaS型データ連携ツール「SkyOnDemand」は、オンプレミスやパブリッククラウドの間のデータ連携をドラッグ&ドロップで設定できる。SalesforceやAWS、Azureなど主要なクラウドサービス、一般的なデータベースに対応している。

 テラスカイの「SkyOnDemand」は、データ連携ツールのSaaSである。オンプレミスのシステムやパブリッククラウドの間のデータ連携をドラッグ&ドロップのグラフィカルな操作で設定できる。全角半角変換や和暦西暦変換などのデータクレンジング、繰り返し処理、条件式など、データ連携のロジックを記述することも可能である。

 パブリッククラウドやデータベース、ファイル(CSV、Excel、HTML、XMLなど)、インターネットのプロトコル(FTP、SMTP/POP3/IMAP4、HTTP/HTTPS、REST、SOAP)と連携するためのアダプタを標準で備える。パブリッククラウドでは、Salesforce、Amazon Web Services、「Google Apps」「Microsoft Azure」に対応。データベースは標準でJDBCに対応するほか、オプションで「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」「PostgreSQL」に対応。これらのアダプタを利用すれば、データ連携ごとのコーディングやデータ仕様の解析は不要だ。

 作成したデータ連携処理をさまざまなタイミングで自動的に起動するトリガー機能も備える。日次や週次などで起動するスケジュールトリガー、一定間隔(最小単位1秒)で起動するインターバルトリガー、特定の記憶領域にファイルが保存された時に起動するファイルトリガー、指定したURLに対してHTTPクライアントからリクエストが送られた時(例えば、ウェブの画面でボタンが押された時)に起動するHTTPトリガーなどである。トリガーによるデータ連携でエラーが発生した場合には、メールや電話で通知する機能も備える。

SkyOnDemandの概念図
標準で主要なクラウドとデータ連携が可能(テラスカイ提供)
SkyOnDemandの概要
用途と機能オンプレミスやパブリッククラウド間のデータを連携するためのSaaS
特徴Salesforce、AWS、Azureなどのパブリッククラウドと標準で連携可能。Oracle DB、SQL Server、PostgreSQLにもオプションで対応
税別価格初期費用:60万円、月額料金:7万円(0~5トリガー)から、データ転送量課金:5000円(月間100Gバイトを超えたデータ転送量に対して100Gバイトに課金)
導入企業損保ジャパン日本興亜システムズ、旭化成不動産レジデンス、ジェック、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan