文書管理 アルフレスコ・ジャパン

Alfresco One:オンプレとクラウドのハイブリッド構成も可能なコンテンツ管理基盤

エンタープライズコンテンツ管理基盤の「Alfresco One」は、クラウドとオンプレミスのリポジトリに格納したコンテンツを管理できる。オープンソースソフトウェアと標準技術を採用しており、他のアプリケーションと容易に連携可能である。

 「Alfresco One」は、クラウドとオンプレミスのリポジトリに格納したコンテンツを管理、同期するハイブリッドクラウド型のエンタープライズコンテンツ管理(ECM)基盤である。オープンソースソフトウェアと標準技術を採用しており、他のアプリケーションと容易に連携することができる。

 オンプレミス、クラウド、あるいはその両方を組み合わせた環境に導入可能。コンテンツを自動的に同期させたり、両方の環境にまたがるワークフロープロセスに対応させられるため、外部ユーザーと安全かつ簡単に共同作業ができる。

 Alfresco Mobileアプリを使えば、外出先のモバイルデバイスから社内のECMを使用できる。Alfresco MobileアプリにはiOS版とAndroid版があり、いずれも無料。モバイル向けのセキュリティ対策として、アクセス制御、デバイス上での暗号化、モバイルデバイス管理(MDM)機能を備える。

 コンテンツの検索では、ドキュメントのプロパティ、書式、作成者、サイト、タグなどの情報を使って検索条件をカスタマイズできるほか、自動提案やコンテンツのプレビューなどによる検索が可能。コンテンツや操作を分析して検索率を高め、アーカイブする必要がある古いコンテンツを見つけやすくする機能を備える。

 Alfresco Oneは、「Microsoft Office」「SharePoint」「Googleドキュメント」などのツールと統合して利用するほか、「Outlook」のアドインを使って電子メールの本文を直接検索、アクセス、アップロードすることも可能。さらに、SAPやAmazon Web Services(AWS)、Salesforce、「AutoCAD」、Ephesoftなどとのアプリケーション連携をサポートする。

 部門向けアプリケーションのためのエントリ向け「Alfresco One - Departmental」と、高可用性の大規模向け「Alfresco One - Enterprise」を用意する。ほかに、Alfresco Oneからカスタマイズ機能やアプリケーション連携機能を省いたSaaS版「Alfresco Cloud」、無料でダウンロードできるオープンソース版「Alfresco Community」がある。

Alfresco Oneの画面
Alfresco Oneの画面(アルフレスコ・ジャパン提供)
Alfresco Oneの概要
用途と機能オンプレミスとクラウドを連携できるハイブリッド型エンタープライズコンテンツ管理(ECM)基盤
特徴オープンソースソフトウェアと標準技術を採用しており、他のアプリケーションと容易に連携できる。iOSとAndroid向けにモバイルアプリを無料で提供
導入企業京都市教育委員会、川崎重工業 船舶海洋カンパニー、シグマクシス、野村證券、など

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]