テキストマイニング 野村総合研究所

TRUE TELLER:出現頻度や相関関係などを分析するテキストマイニングソフト

テキストマイニングソフトの「TRUE TELLER」は、大量のテキストデータを解析して有益な情報を抽出する。コールセンターの応対記録、アンケートの自由回答、SNS上のクチコミやつぶやきの解析などに利用できる。

 野村総合研究所の「TRUE TELLER」は、大量のテキストデータを解析して有益な情報を抽出するテキストマイニングソフトウェアである。自然言語解析の手法を使って、文章を名詞、動詞、形容詞などの単語に分割し、それらの出現頻度や相関関係を分析することで、付加価値の高い情報を抽出する。コールセンターの応対記録、アンケートの自由回答、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上のクチコミやつぶやきの解析のほか、コールセンターにおける音声テキスト化や要約などの用途に利用できる。

 テキストマイニングツールの「TRUE TELLERテキストマイニング」、音声を自動的にテキスト化して要約する「TRUE TELLER VOICEダイジェスト」、よくある質問と回答(FAQ)を検索する「TRUE TELLER FAQナレッジ」、特許文献の情報に特化した「TRUE TELLERパテントポートフォリオ」、社内のさまざまな定性情報を一元管理する「TRUE TELLER顧客の声ポータル」などの製品がある。TRUE TELLERテキストマイニングとFAQナレッジ、パテントポートフォリオは、オンプレミスに加えて、SaaSでも提供する。

 TRUE TELLERテキストマイニングは、話題の件数や構成比をチェックすることで、全体傾向をとらえる。テキスト中の発言を網羅することで、定量的に把握することも可能である。話題の変化を時系列でとらえる「時系列分析」、顧客属性や製品ごとに傾向を分類しその違いを統計的に導き出す「学習型自動分類クラスタリング」、因果関係や相関性を発見する「クロス分析」などの機能を備える。

 同社は、TRUE TELLERテキストマイニングの機能を、他のシステムから利用できるようにAPI化した製品「TRUE TELLERテキスト解析API」を別途提供。外部システムからテキストデータを自動で取り込み、1件ごとに解析処理を実行し、結果を外部システムに自動配信して即時検知するといったことができる。

 TRUE TELLER VOICEダイジェストは、コールセンターのオペレーターと顧客とのやり取りを顧客関係管理(CRM)システムに入力する「対話要約」、応対内容を網羅的に評価する「全体モニタリング」を可能にする。電話対応の中で顧客が伝えた氏名や住所、電話番号、商品名などを抽出してCRMシステムに登録したり、通話内容から自動的にFAQ候補を抽出してFAQ検索システムと連携させたりすることもできる。

 TRUE TELLER FAQナレッジは、FAQの分類カテゴリや製品名などの属性検索に加え、自然文による検索機能を搭載。問い合わせ内容ごとの微妙な表現の揺らぎを考慮した精度の高い検索を可能にする。さらに、FAQの利用状況や検索ログを材料に分析し、その結果を分かりやすく可視化。FAQの作成依頼や承認などのワークフローを一元管理し、FAQの公開までの一連の流れをサポートする。

 TRUE TELLERパテントポートフォリオは、頻出単語をもとに出願人、発明者別の知財ポートフォリオを可視化する「マッピング分析」、文献群を要素技術、課題、用途、製造方法などの観点で分類する「グルーピング分析」などの機能を備える。社内の特許データベースや現在使用している特許検索サービスをそのまま利用して分析できる。

 TRUE TELLER顧客の声ポータルは、社内にあるさまざまな定性情報の一元管理、分析、検索を可能にするポータルサイトを構築するためのシステム。コールセンターやウェブから収集した顧客の声を分かりやすく表示したり、顧客の声の分析情報を各部署が必要とする形で共有したりできる。

TRUE TELLER
TRUE TELLERの画面(野村総合研究所提供)
TRUE TELLERの概要
用途と機能大量のテキストデータを解析して有益な情報を抽出するテキストマイニングソフトウェア
特徴自然言語解析の手法を使って、文章を名詞、動詞、形容詞などの単語に分割し、それらの出現頻度や相関関係を分析することで、付加価値の高い情報を抽出する
クライアント環境Windows 7/8(TRUE TELLERテキストマイニング Ver.9)
税別価格TRUE TELLERテキストマイニング:600万円(追加1ライセンス100万円)
TRUE TELLERテキスト解析API:コアあたり50万円、など
TRUE TELLERテキストマイニングSaaS版:月額20万円から
導入企業アットホーム、積水ハウス、全日本空輸、トヨタ自動車、キヤノン、パナソニック、野村證券、みずほ銀行、アサヒビール、味の素、アスクル、イオン、エーザイ、中外製薬、サンスター、資生堂、NTTドコモ、KDDI、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、リクルート、関西電力、東京電力、日本マイクロソフト、弥生、など

「テキストマイニング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]