グループウェア ネオジャパン

desknet's NEO:業務効率を向上できるグループウェア、画像編集も搭載

グループウェアの「desknet's NEO」は、組織内の情報共有とコミュニケーションの改善に役立つさまざまな機能を備える。交通費精算や動画配信、画像編集などの機能も搭載している。

 ネオジャパンの「desknet's NEO」は、組織内の情報共有とコミュニケーションの改善に役立つさまざまな機能を備える純国産のグループウェアである。PCやスマートフォン、タブレットから利用できる。

 PCとタブレット向けに、新着情報やコンテンツ、リンクといった必要な情報を集約し、カスタマイズできるポータルをはじめ、スケジュール、ワークフロー、メール、設備予約、安否確認、文書管理、プロジェクト管理、電子会議室、アンケート、ToDo、議事録など、25種類の機能を用意。スマートフォンでは、スケジュール、ワークフロー、メールなど、14種類の機能をサポートする。

 管理者向けには、人事異動にともなうエンドユーザー情報やアクセス権の設定変更を支援する機能などを搭載する。オンプレミスで運用するパッケージ版とクラウド版がある。

 パッケージ版は、データ管理に「PostgreSQL」「Microsoft SQL Server」「Oracle Database」などのデータベースを利用可能。クラスタリングや負荷分散といったシステム構成にも対応する。

 クラウド版は、「Amazon Web Services(AWS)」と「ビットアイルクラウド」のクラウド基盤上からサービスを提供する。SSLによる暗号化や接続元IPアドレスによるアクセス制限などのセキュリティ機能を標準で備える。

 2015年6月に発表した「desknet's NEO V3.0」では、メール機能のプロトコルが従来のPOPに加えて、IMAPに対応したほか、交通費精算などの機能を追加。ジョルダンの「乗換案内Biz」との連携でスケジュールの登録と同時に訪問先までの交通経路を検索、交通費や経費を蓄積して精算、申請できるようにした。さらに、動画の配信機能と画像の編集ツールを搭載。画像をグループウェアにアップロードし、その場で編集、加工して文書に貼り付けられるようになった。

desknet
desknet's NEOの画面(ネオジャパン提供)
desknet's NEOの概要
用途と機能業務効率の改善に役立つ多機能グループウェア
特徴スケジュール管理や会議室予約、メールといった基本的な機能をはじめ、ポータルや安否確認など25種類の機能を搭載。PC、スマートフォン、タブレットから利用できる。パッケージ版とクラウド版がある
クライアント環境Windows、Mac OS X、iOS、Android
サーバ環境Windows Server 2003/2008/2012、RedHat Enterprise Linux 6、CentOS 6.2/6.3/6.6
税別価格クラウド版:ユーザーあたり月額400円から
大規模パッケージ版:本体ライセンスが100ユーザーで41万円、年間サポートサービスが200ユーザーで9万円など
小規模パッケージ版:本体ライセンスが5ユーザーで3万9800円、年間サポートサービスが5~15ユーザーで1万円など
発表日desknet's NEO V3.0が2015年6月10日
導入企業アサヒコーポレーション、三幸製菓、ルミカ、霧島酒造、大成建設、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan