フィルタリング デジタルアーツ

i-FILTER:出口対策機能を組み込んだURLフィルタリングソフト

URLフィルタリングソフト「i-FILTER」は、業務に不適切なウェブサイトやSNSなどへアクセスできないように制限する。情報漏えいやサイバー攻撃のリスクを軽減することができる。

 デジタルアーツの「i-FILTER」は、業務に不適切なウェブサイトやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などへアクセスできないようにするURLフィルタリングソフトだ。マルウェア感染の危険性のあるウェブサイトへのアクセスを制限することで、情報漏えいを抑止したり、サイバー攻撃を防いだりできる。

 従業員が業務中に訪問したウェブサイトへのアクセスログを保存しておくことで、問題が起きた際にシステム管理者が従業員の閲覧状況や投稿の履歴を追跡できる。これにより、従業員の不用意な書き込みや、故意の情報漏えいを抑止する効果がある。

 アクセスを許可するウェブサイトの一覧を登録するホワイトリスト方式、ブロックするウェブサイトの一覧を登録するブラックリスト方式のフィルタリングが可能。ウェブサイトを「アダルト」「暴力」「出会い」などのカテゴリごとに分類してデータベース化し、システム管理者がカテゴリを選択してアクセスを禁止することもできる。

 従業員のPCがマルウェアなどに感染した場合、本人が知らないうちに外部のサーバに機密情報がアップロードされてしまうケースがある。i-FILTERは、この外部サーバへのアクセスをブロックする「出口対策」専用のデータベースが組み込まれており、機密情報のアップロードを防ぐことができる。

i-FILTERの概要
用途と機能不適切なウェブサイトやSNSなどへのアクセスを制限するURLフィルタリングソフト
特徴アクセス可否の設定や、機密情報を公開するような外部サーバをデータベース化し、アップロードを防ぐ機能がある
税別価格スタンダードエディションのスタンダードライセンスが10ユーザーで8万9000円から
導入企業大日本塗料、山陽新聞社、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan