SFA CRM ソフトブレーン

eセールスマネージャーRemix Cloud:商談を可視化、プロセスを改善できるCRM/SFA

CRM/SFAの「eセールスマネージャーRemix Cloud」は、営業部門のプロセスや状況を可視化。条件に当てはまる商談が発生すると、関係者のToDoリストに追加したりする「営業アラート」も搭載して、顧客を放置してしまうのを防止する。

eセールスマネージャーRemix Cloudのポイント

  • シングルインプット、マルチアウトプット
  • マネジメント自動化で現場の営業担当者にアラート
  • プロセスマネジメントで設計、プロセスの改善策を立案

eセールスマネージャーRemix Cloudの製品解説

 ソフトブレーンの「eセールスマネージャーRemix Cloud」は、オンプレミスでも稼働する顧客管理システム(CRM)、営業支援システム(fSFA)。2017年12月末時点で4500社を超える導入実績があるという。

編集部おすすめの関連記事

 1回の活動報告で案件や顧客情報、リストや予実管理表などさまざまなアウトプットに情報が自動で反映される“シングルインプット、マルチアウトプット”がコンセプト。営業マンが活動報告を入力すると、社内SNSのタイムラインやスケジュール、商談リスト、ダッシュボードなどに反映される。

 プロセスマネジメントという考え方で設計されている。提案から見積もり、顧客企業での検討や稟議、受注に至るプロセスを適切に管理することで目標通りの結果を出すための手法と説明。結果に至るまでのどのプロセスに課題があるかが明らかになり、改善策の立案につながるという。

 マネジメントの自動化策として、あらかじめ設定しておいた条件に当てはまる、報告や商談が発生すると自動的にメールを送信したり、ToDoリストや指定したリストなどに追加したりする機能「営業アラート」が搭載されている。管理職はリアルタイムで状況を把握したり、指示できたりすることで現場の営業担当者は素早くアクションできる。

 絶えず変化するマーケットや組織の状況に合わせた柔軟な設定変更が可能で、常に自社の営業プロセスにフィットした環境が構築可能。スマートフォンやタブレット端末、携帯電話での操作に最適化しており、スケジュールや履歴の確認、活動報告が容易で、ストレスフリーな操作ができる。文字入力に頼らない選択方式での入力で情報の数値化を実現しているため、科学的にマネジメントできるとしている。

 導入前後のコンサルティングサービスも充実しており、4500社を超える導入実績に基づくノウハウの提供や教育、最善プロセス定着までニーズにあったサービスを提供する。

eセールスマネージャーRemix Cloudのまとめ
用途と機能営業プロセスを見える化し、組織営業力を強化するCRM/SFA
特徴営業マンが活動報告を入力すると、社内SNSのタイムラインやスケジュール、商談リスト、ダッシュボードなどに反映。結果に至るまでのどのプロセスに課題があるかが明らかになり、改善策を立案。管理職はリアルタイムで状況を把握したり、指示できたりすることで現場の営業担当者は素早くアクションできる
税別料金1ユーザーあたり月額
スタンダード:6000円~
導入企業NECネクサスソリューションズ、プレコフーズ、GMOメイクショップほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「SFA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]