DWH 日本アイ・ビー・エム

IBM dashDB:列指向とインメモリを融合したSaaS型DWH、予測アルゴリズム統合

SaaS型データウェアハウスの「IBM dashDB」は、列指向型とインメモリ技術を組み合わせることで高速化を図っている。予測モデリングアルゴリズムがデータベースに統合されている。

 日本IBMの「IBM dashDB」は、SaaS型データウェアハウスである。列指向(カラム)型とインメモリ技術を組み合わせることで高速化を図っている。同社PaaS「IBM Bluemix」で利用することを想定している。

 さらに、予測モデリングアルゴリズムをデータベースに統合。線形回帰、デシジョンツリーのクラスタリング、k平均法(k-means clustering)などの分析を、データが存在するデータベースで実行することで、処理効率を向上できる。

 同社DBaaS(Database as a Service)「IBM Cloudant」と連携してJSONデータの分析環境として利用できるほか、各種ビジネスインテリジェンス(BI)ツールやR言語、Excel、地図アプリケーションなどの利用をサポート。ESRIの地理情報システムソフトウェア「ArcGIS」との連携による地理空間分析、BI基盤「IBM Cognos」と連携したレポート発行、BIツールの「Tableau」「MicroStrategy」、Excelとの連携によるデータ操作、分析などを行える。

dashDB
dashDBの画面(日本IBM提供)
dashDBの概要
用途と機能ビッグデータ分析向けのクラウド型DWH
特徴列指向(カラム)型とインメモリ技術を組み合わせることで高速化。基本的にはIBM Bluemixで利用する
税別価格月額5250円から
発表日2014年10月26日

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan