DWH 日本アイ・ビー・エム

IBM dashDB:列指向とインメモリを融合したSaaS型DWH、予測アルゴリズム統合

SaaS型データウェアハウスの「IBM dashDB」は、列指向型とインメモリ技術を組み合わせることで高速化を図っている。予測モデリングアルゴリズムがデータベースに統合されている。

 日本IBMの「IBM dashDB」は、SaaS型データウェアハウスである。列指向(カラム)型とインメモリ技術を組み合わせることで高速化を図っている。同社PaaS「IBM Bluemix」で利用することを想定している。

 さらに、予測モデリングアルゴリズムをデータベースに統合。線形回帰、デシジョンツリーのクラスタリング、k平均法(k-means clustering)などの分析を、データが存在するデータベースで実行することで、処理効率を向上できる。

 同社DBaaS(Database as a Service)「IBM Cloudant」と連携してJSONデータの分析環境として利用できるほか、各種ビジネスインテリジェンス(BI)ツールやR言語、Excel、地図アプリケーションなどの利用をサポート。ESRIの地理情報システムソフトウェア「ArcGIS」との連携による地理空間分析、BI基盤「IBM Cognos」と連携したレポート発行、BIツールの「Tableau」「MicroStrategy」、Excelとの連携によるデータ操作、分析などを行える。

dashDB
dashDBの画面(日本IBM提供)
dashDBの概要
用途と機能ビッグデータ分析向けのクラウド型DWH
特徴列指向(カラム)型とインメモリ技術を組み合わせることで高速化。基本的にはIBM Bluemixで利用する
税別価格月額5250円から
発表日2014年10月26日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]