デスクトップ仮想化 シトリックス・システムズ・ジャパン

XenDesktop:クライアントにデータを残さないデスクトップ仮想化ソフト

デスクトップ仮想化ソフトウェア「Citrix XenDesktop」は、サーバ上にデスクトップ用のリソースやソフトウェアを用意し、クライアント端末に画面を配信。アプリケーションやデータはサーバ側に格納されるため、データが端末に残らない。

Citrix XenDesktopのポイント

  • サーバにリソースやソフトを用意、クライアント端末に画面を配信
  • XenAppの機能に加えてデスクトップ環境やアプリケーションを一元管理
  • 私物端末から業務で使うアプリケーションにアクセス可能

Citrix XenDesktopの製品解説

 シトリックス・システムズ・ジャパンの「Citrix XenDesktop」は、WindowsとLinuxのデスクトップとアプリケーションを仮想化するデスクトップ仮想化ソフトウェア。サーバ上にデスクトップ用のリソースやソフトウェアを用意し、クライアント端末に画面を配信する。

編集部おすすめの関連記事

 パブリッククラウド、プライベートクラウドの両方の環境で利用できる。アプリケーション仮想化ソフトウェア「Citrix XenApp」の機能を取り込んでおり、デスクトップ環境やアプリケーションの一元管理、標準イメージのオンデマンド配信などが可能になるため、クライアント環境の運用コストを削減できる。

 私物端末の業務利用(BYOD)を導入できることも特徴の1つだ。会社が用意したアプリケーションとデスクトップの仮想環境に、個人で所有する私物端末から安全にアクセスすることが可能だとしている。

 アプリケーションやデータはサーバ側に格納されるため、データが端末に残らない。それにより、データ損失や不正侵入のリスクが軽減されるという。

XenDesktopのまとめ
用途と機能デスクトップ仮想化ソフトウェア
特徴XenAppで提供される全機能を包含し、数万規模のデスクトップ、アプリケーション環境の展開や管理を簡素化。デスクトップ環境やアプリケーションの一元管理、標準イメージのオンデマンド配信などが可能になるため、クライアント環境の運用コストを削減
導入企業ロイヤル・カリビアン・クルーズなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]