デスクトップ仮想化 シトリックス・システムズ・ジャパン

XenDesktop:クライアントにデータを残さないデスクトップ仮想化ソフト

デスクトップ仮想化ソフトウェア「Citrix XenDesktop」は、サーバ上にデスクトップ用のリソースやソフトウェアを用意し、クライアント端末に画面を配信。アプリケーションやデータはサーバ側に格納されるため、データが端末に残らない。

Citrix XenDesktopのポイント

  • サーバにリソースやソフトを用意、クライアント端末に画面を配信
  • XenAppの機能に加えてデスクトップ環境やアプリケーションを一元管理
  • 私物端末から業務で使うアプリケーションにアクセス可能

Citrix XenDesktopの製品解説

 シトリックス・システムズ・ジャパンの「Citrix XenDesktop」は、WindowsとLinuxのデスクトップとアプリケーションを仮想化するデスクトップ仮想化ソフトウェア。サーバ上にデスクトップ用のリソースやソフトウェアを用意し、クライアント端末に画面を配信する。

編集部おすすめの関連記事

 パブリッククラウド、プライベートクラウドの両方の環境で利用できる。アプリケーション仮想化ソフトウェア「Citrix XenApp」の機能を取り込んでおり、デスクトップ環境やアプリケーションの一元管理、標準イメージのオンデマンド配信などが可能になるため、クライアント環境の運用コストを削減できる。

 私物端末の業務利用(BYOD)を導入できることも特徴の1つだ。会社が用意したアプリケーションとデスクトップの仮想環境に、個人で所有する私物端末から安全にアクセスすることが可能だとしている。

 アプリケーションやデータはサーバ側に格納されるため、データが端末に残らない。それにより、データ損失や不正侵入のリスクが軽減されるという。

XenDesktopのまとめ
用途と機能デスクトップ仮想化ソフトウェア
特徴XenAppで提供される全機能を包含し、数万規模のデスクトップ、アプリケーション環境の展開や管理を簡素化。デスクトップ環境やアプリケーションの一元管理、標準イメージのオンデマンド配信などが可能になるため、クライアント環境の運用コストを削減
導入企業ロイヤル・カリビアン・クルーズなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「デスクトップ仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]