スイッチ クロス・ヘッド

PICA8 P-3000/P-5000:OpenFlow対応のL2/L3スイッチ、VXLANにも対応

L2/L3スイッチの「PICA8 P-3000/P-5000」シリーズは、最新のOpenFlow環境にも対応する。独自のアプリケーションを開発し、実装することも可能である。

 クロス・ヘッドの「PICA8 P-3000/P-5000」シリーズは、ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応した1Uサイズのイーサネットスイッチだ。OpenFlowはネットワーク構成をソフトウェアで制御する技術だ。

 PICA8 P-3000/P-5000シリーズは、Linuxディストリビューション「Debian」をベースに開発されたネットワークOS「PicOS」を搭載している。従来のレイヤ2/3(L2/3)ネットワークに加えて、最新のOpenFlow環境に対応することを特徴としている。

 ユーザー企業が独自のアプリケーションを開発し、実装することも可能だ。ソフトウェアとハードウェアがオープンな仕様になっているため、特定のベンダーによる囲い込みを防げるというメリットもある。

 L3ネットワーク上に論理的なL2ネットワークを構築するプロトコル「VXLAN」にもハードウェアベースで対応している。

PICA8 P-3000シリーズ
PICA8 P-3000シリーズの外観(クロス・ヘッド提供)
PICA8 P-3000/P-5000シリーズの概要
用途と機能OpenFlowに対応した1Uサイズのイーサネットスイッチ
特徴Linuxディストリビューション「Debian」をベースに開発されたネットワークOS「PicOS」を搭載。従来のL2/L3ネットワークに加えて、最新のOpenFlow環境に対応する
導入企業釧路工業高等専門学校、神奈川工科大学

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan