スイッチ クロス・ヘッド

PICA8 P-3000/P-5000:OpenFlow対応のL2/L3スイッチ、VXLANにも対応

L2/L3スイッチの「PICA8 P-3000/P-5000」シリーズは、最新のOpenFlow環境にも対応する。独自のアプリケーションを開発し、実装することも可能である。

 クロス・ヘッドの「PICA8 P-3000/P-5000」シリーズは、ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応した1Uサイズのイーサネットスイッチだ。OpenFlowはネットワーク構成をソフトウェアで制御する技術だ。

 PICA8 P-3000/P-5000シリーズは、Linuxディストリビューション「Debian」をベースに開発されたネットワークOS「PicOS」を搭載している。従来のレイヤ2/3(L2/3)ネットワークに加えて、最新のOpenFlow環境に対応することを特徴としている。

 ユーザー企業が独自のアプリケーションを開発し、実装することも可能だ。ソフトウェアとハードウェアがオープンな仕様になっているため、特定のベンダーによる囲い込みを防げるというメリットもある。

 L3ネットワーク上に論理的なL2ネットワークを構築するプロトコル「VXLAN」にもハードウェアベースで対応している。

PICA8 P-3000シリーズ
PICA8 P-3000シリーズの外観(クロス・ヘッド提供)
PICA8 P-3000/P-5000シリーズの概要
用途と機能OpenFlowに対応した1Uサイズのイーサネットスイッチ
特徴Linuxディストリビューション「Debian」をベースに開発されたネットワークOS「PicOS」を搭載。従来のL2/L3ネットワークに加えて、最新のOpenFlow環境に対応する
導入企業釧路工業高等専門学校、神奈川工科大学

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]