スイッチ クロス・ヘッド

PICA8 P-3000/P-5000:OpenFlow対応のL2/L3スイッチ、VXLANにも対応

L2/L3スイッチの「PICA8 P-3000/P-5000」シリーズは、最新のOpenFlow環境にも対応する。独自のアプリケーションを開発し、実装することも可能である。

 クロス・ヘッドの「PICA8 P-3000/P-5000」シリーズは、ネットワーク制御技術「OpenFlow」に対応した1Uサイズのイーサネットスイッチだ。OpenFlowはネットワーク構成をソフトウェアで制御する技術だ。

 PICA8 P-3000/P-5000シリーズは、Linuxディストリビューション「Debian」をベースに開発されたネットワークOS「PicOS」を搭載している。従来のレイヤ2/3(L2/3)ネットワークに加えて、最新のOpenFlow環境に対応することを特徴としている。

 ユーザー企業が独自のアプリケーションを開発し、実装することも可能だ。ソフトウェアとハードウェアがオープンな仕様になっているため、特定のベンダーによる囲い込みを防げるというメリットもある。

 L3ネットワーク上に論理的なL2ネットワークを構築するプロトコル「VXLAN」にもハードウェアベースで対応している。

PICA8 P-3000シリーズ
PICA8 P-3000シリーズの外観(クロス・ヘッド提供)
PICA8 P-3000/P-5000シリーズの概要
用途と機能OpenFlowに対応した1Uサイズのイーサネットスイッチ
特徴Linuxディストリビューション「Debian」をベースに開発されたネットワークOS「PicOS」を搭載。従来のL2/L3ネットワークに加えて、最新のOpenFlow環境に対応する
導入企業釧路工業高等専門学校、神奈川工科大学

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「スイッチ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]