ロードバランサ 日本ラドウェア

Radware ADC-VX:負荷分散機能を仮想化して集約、インスタンス間の障害も分離

負荷分散ソフトウェアの「Radware ADC-VX」は、1台のハードウェアで複数の仮想化したインスタンスを稼働させられる。複数台で運用していた負荷分散の機能を集約、統合できる。

 日本ラドウェアが開発する「Radware ADC-VX」は、1台のハードウェアで仮想化した負荷分散(アプリケーションデリバリコントローラ、ADC)を複数稼働させられる。

 同社の「OnDemand Switch」プラットフォームで動作する「ADC-VX Hypervisor」が、複数の仮想ADCインスタンスを稼働させる。これにより複数台で運用していたADCを1台のADC-VXに集約、統合できる。

 ADCを1台のハードウェアに統合することで、ハードウェアや運用管理のコストを軽減できる。電力消費や設置スペースなどの費用も低減することが可能だ。

 個々の仮想ADCインスタンスに、OnDemand SwitchのCPUやメモリ、ネットワークといったリソースを割り当てる。完全に独立した1つのADCとして動作し、インスタンス間の障害も分離できる。

Radware ADC-VXの概要
用途と機能複数の仮想ADCを1台のハードウェアで稼働できるソフトウェア
特徴複数台で運用していたADCを1台のADC-VXに集約、統合できる。完全に独立した1つのADCとして動作し、インスタンス間の障害も分離可能
導入企業アマノビジネスソリューションズ、コナミデジタルエンタテインメント

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan